結婚相手の選び方   

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

結婚相手の選び方

結婚相手の選び方
3種類の「結婚相手の選び方」があります。失敗/後悔しない結婚相手の選び方とは?

3種類の結婚相手の選び方


1.3種類の結婚相手の選び方
①失敗しない結婚相手の上手な選び方
■結婚相手の選び方には、主に以下の3つの方法があるようです。

①本能のままに選ぶ方法
②打算で選ぶ方法
③愛を重視して選ぶ方法

まず①本能のままに選ぶ方法です。
現在社会は、恋愛結婚が主流ですよね。
ですから、本能のままに恋をし、本能のままに夜はフンフンし、そして本能のままに、「好きだし、体の相性も良いから、結婚しよう!」と結婚相手を選ぶこともできます。

本能に忠実である、この結婚相手の選び方も、なかなか良さそうですよね。
しかし、本能のままに結婚相手を選びますと、とある典型的な失敗を犯してしまうこともあるようです。

相手のことを「好き!」と思う恋心は、交際から3年ほど経ちますと、薄れてくるようです。
恋心を誘発するPEAという脳内の天然覚醒剤が、交際から3年ほど経つと、分泌されなくなるからでしょう。

また、同じ相手との夜のフンフンは、だんだん飽きてくるようです。
自分が飽きてこなくても、妻or夫側が飽きてきて、夜の夫婦関係を拒絶し始めることもあるようです。
そうなると、自分はやる気があっても、夫婦関係なレスな状態となってしまいます。

すると・・
結婚を決断した当初の理由である、「好きだから」も「体の相性が良いから」も、結婚から5年~10年~20年も経ってくると、消滅してしまうわけです。
すると、結婚をして一緒に暮らしている意味も理由も、だんだんと見出せなくなってきます。

好き!という感情もなく、夜の営みもなく・・ただ、2人は同じ家に住んでいる同居人です。
そうなりますと、お互いに我慢しなくなり、喧嘩が増えてきそうです。
好きでもないし、夜の関係もない相手と、喧嘩してまでずっと一緒に暮らしている意味を見出せませんから、2人は離婚を考え始めるかもしれません。
そして離婚するか、もしくは経済的な理由や子供のことが原因で、離婚しない仮面夫婦となってしまうかもしれません。


もちろん、本能のままに結婚し、その後は愛を培っていくことで、ずっとラブラブな関係でいる夫婦も多いですよね。
ただ、結婚相手が、恋愛をするには素晴らしい相手ではあったのだけれども、長期的にコツコツと一緒に愛を培っていける相手ではなかった場合、その結婚は失敗となってしまう場合もあるのかもしれません。


次に②打算で選ぶ方法です。
「相手は安定した高収入だから。」などの打算が大きく絡み、結婚することもあるのかもしれません。
確かに、経済的に安定しており、お金持ちである相手との結婚は、なかなか良さそうですよね。
しかし、打算を中心に結婚相手を選びますと、とある典型的な失敗を犯してしまうこともあるようです。

打算にて結婚相手を選ぶ場合、その深層心理には、異性のことを「利用価値」でジャッジ/判断する心が潜んでいる場合もあるようです。
異性を、心のどこかで自分の幸せのために利用しようとする心理がある場合・・同じく、異性を自分の幸せや欲を満たすために利用しようとする心理をもった相手と、惹かれあい結婚することになる場合も、あるようです。
{似た者同士が惹かれあう}という引き寄せの法則によるものでしょう。

このような夫婦は、互いに妻or夫のことを「利用価値」でジャッジ/判断するところがあります。
そのため、利用価値が豊富な頃は、相手に愛を注ぎますが、妻or旦那の利用価値が低下してくると、もう相手のことを愛さなくなってしまうようです。

たとえば、高収入の職に就いていた夫が、リストラに合いますと・・妻側は、「旦那の利用価値が下がった」と無意識的に思い始め、旦那への愛情が冷め始めます。
本来ならば、愛する旦那のために「夫がリストラにあって収入が減った分、私が夫のためにもっと仕事を頑張るわ!」となるべきところを、もともと打算や利用価値にて結婚相手を選んでいるため・・「駄目な男と結婚してしまった。最悪。」と思ってしまうことになるのです。

たとえば、妻の容姿やセクシーさだけを目当てに、自分の欲を満たすために結婚した男性の場合・・結婚後5年~10年~20年と経つにつれ、当然、妻の容姿も、女性としての肉体的な魅力も、衰えていきます。
すると旦那は「妻の利用価値が下がった」と無意識的に思い始め、妻への愛情が冷め始めます。
そうなると、「旦那から愛されなくなった。」と感じ始めた妻は、夫婦関係に不満をもち始めます。
夫婦関係に不満をもち始めて、笑顔が減った妻を見て、夫側も「俺との結婚が不満だと言うのか!?」とイライラし始めます。
そうなれば、当然、夫婦喧嘩ばかりの愛のない夫婦となってしまいそうです。

異性を、自分の欲を満たすためや、自分が幸せになるために利用しますと、相手から、自分も利用されることになるようです。
それが、法則だからでしょう。

「利用価値」で互いのことをジャッジ/判断し、利用度にて、相手のことを評価していく夫婦には、明るい未来は、望みにくいのかもしれません。
そして、そんな夫婦となってしまう1番最初の原因の部分は、「打算で、結婚相手を選ぶ」という部分です。


最後に③愛を重視して選ぶ方法です。
結婚における愛とは、2人の間に作られていく{信頼・尊敬・感謝・絆}などのことを言うようです。
愛によって結ばれている2人は、結婚してから5年~10年~20年と経とうと、いつまでも愛し合う関係が続きます。

恋心は、いづれ冷めます。
性欲も、いづれ衰えます。
容姿も、時間の経過とともに衰えていきます。
打算で結婚すると、利用価値が低下し始めると喧嘩が増えます。

しかし、愛は{信頼・尊敬・感謝・絆}などによって形成されているため、時間の経過とともに、どんどん深みを増していきます。

信頼関係は、長年の関係の蓄積によって培われていきます。
尊敬の心も、時間の経過とともに増えていくことがあります。
感謝の気持ちは、長年の関係の蓄積によって培われていきます。
絆も、2人の思い出が増えていくほど、強固なものになっていきます。

ですから、結婚した後、最終的に男女を繋ぎとめていくのは、{信頼・尊敬・感謝・絆}などの愛なのですね。それとお金と子供なのでしょう。
もし、夫婦間に愛がなければ、恋心などが冷めてきた後に残っているのは、お金の繋がりと子供だけですから、「経済的な理由や子供のことがあって、離婚できない。」という離婚しないだけの仮面夫婦となってしまうかもしれません。


そのような意味では、2人で一緒にコツコツと、{信頼・尊敬・感謝・絆}などを築いていける相手を、結婚相手として選んでいきたいものですよね。

浮気しない人や、嘘をつかない人とは、夫婦間の信頼関係を築いていきやすいことでしょう。
異性としての外見的な魅力を超え、1人の人間として尊敬できるような相手とは、結婚後にたとえ容姿が衰えてきても、尊敬の心を培っていきやすいことでしょう。
普段から「ありがとう!」などの感謝の言葉を使う頻度が高い感謝の心をもっている人とは、夫婦で感謝し合う関係を作っていきやすいことでしょう。
歩み寄る姿勢がある人や、夫婦関係を大事にしようとする姿勢のある人とは、夫婦の絆を強めていきやすいことでしょう。


②まとめ ~結婚相手の選び方~
■結婚は、離婚しない限り死ぬまで続く長期的な関係であるため・・今のことだけ、目先のことだけを考え優先するのではなく、長期的な視野/視点ももって、結婚相手選びを行っていけると良いですよね。

そして本当に安心できて、幸せになれる人間関係は、利用価値を元に、お互いを利用しあう関係ではないため、過剰に打算ばかりを重視するのではなく、結婚相手選びを行っていけると良いですよね。

そしてなにより、「この人とは、{信頼・尊敬・感謝・絆}などを、コツコツと一緒に育んでいけるか?」と自問し、結婚相手選びを行っていけると良いですよね。


己の欲を満たすために、自分が幸せになりたいから!とばかり考えて、自分は自分は自分は自分は!と過剰に利己的になりすぎて結婚相手を選んでいくのではなく・・愛{信頼・尊敬・感謝・絆}を重視して、結婚相手選びを行っていくのも、良いのかもしれません。

自分は自分は自分は自分は!と過剰に利己的になりすぎて結婚相手を選んでいく人は・・同じような人と惹かれあい、結婚していくことになるかもしれません。
{似た者同士が惹かれあう}という引き寄せの法則があるからでしょう。
そして、両者ともが「貴方が、私を幸せにするために頑張りなさいよ!」「いいや、君こそ、俺を幸せにするために努力しろよ!」と考え譲らないため、夫婦喧嘩が増えるようです。


また、愛{信頼・尊敬・感謝・絆}を重視して、結婚相手選びを行っていく人は・・同じく、愛{信頼・尊敬・感謝・絆}を重視して、結婚相手選びを行っている人と、惹かれあい結婚していくようです。
それが、法則だからでしょう。

長期にわたる良好な人間関係は、愛{信頼・尊敬・感謝・絆}が重要ですから、③愛を重視して結婚相手を選ぶ方法も良さそうです。


そして、恋人間/夫婦間で愛を育んでいくためには、{他者の幸せを心から願う‘心’}も必要となるようです。
{他者の幸せを心から願う‘心’}をもった人間となっていけるよう、心の仙人/仙女修行のほうも、楽しみながらコツコツと、精進していきたいものですね。


~結婚相手の選び方~
<writer 名無き仙人>



バス男「結婚相手の選び方かぁ。」


バス子「素敵な人との出会いがあるといいわね。」


仙人「結婚相手選びは、悩んでしまうものじゃからのぉ。」






★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
素敵な彼氏の作り方
出会いの方法一覧(姉妹サイト)
結婚相手の選び方
結婚相手の年収/収入より大事なこと
婚活女子と男子のすれ違い
結婚したい!結婚するコツ
恋人と結婚する前に
結婚相手を探すには?方法
20代結婚前準備
自己pr方法/婚活編
結婚相手の条件
結婚・婚活に焦る/解決方法
結婚の意味
婚活/成功と失敗の境
結婚相手として嫌な特徴
婚活男女の心理
結婚相手の条件/男性女性の違い
教員・教師との結婚/真実
結婚への夢と現実
後悔しない結婚相手の探し方
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
理想の結婚をするには?現実的方法
結婚前準備のコツ


~婚活・結婚の疑問関連記事~
結婚は愛?お金?
なぜ離婚するか?理由
好きで結婚したのに離婚する理由
男性の結婚願望/真実
恋活とは婚活とは?違い
なぜ結婚するか?理由

~同棲~
結婚前同棲の生活費
同棲から結婚/潜む罠
二人暮らしの注意点/恋人編

~結婚後~
夫婦喧嘩をしないコツ
夫婦円満のコツ


for womanラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方