結婚への夢と現実  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

結婚への夢と現実

結婚への夢と現実
結婚の「夢/理想と現実」のギャップを受ける調整術とは?

結婚への夢と現実


1.結婚の夢と現実
①結婚への夢と現実の調整術
■新社会人の意識調査によると、多くの人が「結婚したい」と考えているようです。
20代で結婚して、マイホームをもって、貯金は1000万円あって・・
しかし、そもそも出会いすらない現実がありますよね。
給料は上がらないため、お金はないし、忙しくて時間はないし、出会いすらない・・。

夢と現実のギャップに、フラストレーションを溜めている人も大勢います。

結婚に限らずなんでも・・理想と現実のギャップや、夢と現実のギャップが大きい場合、人はそのギャップに苦しむことになるようです。
人は、期待と現実とのギャップによって、喜んだり悲しんだりする生き物だからでしょう。

そのため、結婚への夢は夢としてもちながらも、現実との調整を行っていけると良いですよね。
では「結婚への夢と現実の調整術」を見てみましょう。


②結婚の夢と現実
■「夢と現実の調整術」では、{①夢を下げる}と{②現実を向上させる}の両方が大事ですよね。

まず{①夢を下げる}です。
「白馬の王子様が現れ求愛され、私は結婚によって幸せになっていく」という夢を・・「年収は1000万円以上で、身長も高くてイケメンで、性格も良くて女性の扱いに慣れているのに、遊び人ではない素敵な男性」と結婚する夢を、女性なら、抱くこともありますよね。
しかし現実的には、そんな独身男性自体が少なく、彼女がいないケースはもっと稀なようです。

「年収が高くて身長も高くてイケメンで、性格も良くて女性の扱いに慣れているのに、遊び人ではない素敵な男性」は、女性達がほおっておかないため、すぐに彼女が出来てしまい、たとえ独身であっても常に彼女もちであるため、婚活市場には出てこないようです。
「可愛くて美人でセクシーで、仕事も安定職で、料理も上手で性格も良くて、遊び人ではない素敵な女性」は、男性達がほおっておかないため、すぐに彼氏が出来てしまい、たとえ独身であっても常に彼氏もちであるため、婚活市場には出てこないのと同じかもしれません。

そのため、結婚に対する高すぎる理想や、結婚相手への叶い難い夢の基準を下げなければ、自分自身が苦しむことになってしまいますよね。

人は、期待と現実とのギャップによって、喜んだり悲しんだりする生き物ですから、結婚や結婚相手に期待せねばせぬほど、期待と現実のギャップに悲しむ機会は減り・・期待しない分、現実に喜べるようになるものです。

そもそも、結婚とは、相手から幸せにしてもらうものでしょうか?
それとも結婚とは、相手のことを幸せにしてあげるものでしょうか?

「結婚とは、相手から幸せにしてもらうもの」「結婚によって、自分が得したい!」という意識が強すぎますと、自分のことを幸せにしてもらうために、どうしても相手に求める条件等が高くなっていくようです。
結果、そんな高い条件を満たした異性とは出会えず、自分自身が苦しむことになるのかもしれません。

一方、「結婚とは、相手のことを幸せにしてあげるもの」という他者の幸せを願う意識があれば、相手に対する条件も寛容になってきますよね。
この場合、結婚相手は、‘私’に幸せをくれる対象ではなく、‘私’が頑張ることによって幸せにしてあげる対象であるため、相手に対する条件も、低くなっていきそうです。
結果、結婚相手となりうる異性と出会う機会は増え、結婚出来る確率も上がっていくことでしょう。

男女平等教育の中で育ってきた、現在の婚活・結婚適齢期の日本人男性の多くは、「結婚とは、相手女性のことを幸せにしてあげるもの」という意識が、昔に比べると薄れてきているようです。
そんな男性達は、「結婚によって、自分が得したい!」という意識をもっているのかもしれません。
それなのに、女性側がひたすら「結婚とは、相手から幸せにしてもらうもの」と思い込んでいますと、男性との間に、意識のズレが生じそうです。

現在の独身男性達は、ひたすら「結婚とは、結婚相手の男性から幸せにしてもらうもの」と思い込んでいる女性を見て、「そうだよね。男が、結婚相手の女性を幸せにしてあげねばならぬよね。」とは思わないようなのです。
逆に「なに、夢見てるの?」とすら思う場合も、あるのかもしれません。
ここに、意識のズレがあるわけですね。

また、「結婚することになる女性を、幸せにしてあげたい!」という想いのある男性も、ただ幸せを一方的に貰うことばかり考え「結婚とは、結婚相手の男性から幸せにしてもらうもの」と思い込んでいる女性に対しては、「この女性と結婚すると、相手ばかり得して、自分は損しそうだな。」と思い、敬遠することになりそうです。

女性としては「‘私’のことを幸せにしてくれる男性以外と、結婚なんてしたくない!」と思いますよね。
しかし、その意識が強すぎて、相手から幸せを貰うことばかり考え、相手の幸せのために自分が頑張る意識が欠如していますと、男性から選ばれない現実があるようです。

夢と現実、理想と現実の折り合いをつけるために、「結婚とは、相手から幸せにしてもらうもの」という夢と同時に「自分が頑張ることで、結婚によって相手のことも幸せにしてあげたい!」という現実的な想いも、もつようにすると、上手くいくことも増えてくるのかもしれません。


次に{②現実を向上させる}です。
婚活市場では、市場価値の釣り合う男女が結婚していくことになるそうです。
そのため、「年収は1000万円以上で、身長も高くてイケメンで、性格も良くて女性の扱いに慣れているのに、遊び人ではない素敵な男性」などの理想的な市場価値の高い男性と結婚していくためには、自分自身が、市場価値の高い女性にならねばなりません。
そこまで男性に求めなくても、自分の現実を向上させれば自分の市場価値が上がり、それだけ理想的な男性と結婚出来る可能性が増えていきますよね。

ですから夢を下げた後、今度は自分自身の現実を、コツコツと向上させていくことで、夢と現実のギャップをなくしていく必要がありそうです。


そして外見によって恋愛対象として認識された後、最後はやはり、性格の良い女性が結婚相手として選ばれていきますので、心磨きも行っていきたいですよね。

そうやって己の現実をコツコツと向上させていくことで、夢と現実・理想と現実のギャップは埋まっていき、日々に満足しながら生きていけるようになるものです。


③まとめ~結婚の夢と現実~
■結婚への夢と現実を調整していくためには、{①夢を下げる}と{②現実を向上させる}の両方が大事なんですね。
夢や理想を下げていくなんて、なんだか悲しい感じもしますが・・夢や理想が下がろうと上がろうと、現実的には、市場価値の釣り合う男女が結婚するので結果には影響を及ぼさないのですね。
そのため、夢や理想を下げていっても{②現実を向上させる}をコツコツと行う部分によって「どんな異性と結婚することになるか?」は決まっていくようです。
そして夢や理想を下げておいた方が、結婚相手が見つかりやすくなりますし、結婚後も、結婚相手に満足しやすいようです。

「自分が頑張ることで、結婚によって相手のことも幸せにしてあげたい!」という、結婚に繋がりやすくなる想いを育てていくためにも・・性格面で相手から選ばれる人物となっていくためにも、心の仙人/仙女修行の方も、精進していけると良いですよね。


~結婚の夢と現実~
<writer 名無き仙人>



バス男「結婚の夢と現実かぁ。」


バス子「恋愛や婚活が上手くいくといいわね~。」


仙人「婚活や結婚に限らず、自分の夢と、自分の出来ることには違いがある場合もあるからのぉ。そのことを受け入れずにいると、当人が苦しむことになるのかもしれぬのぉ。楽しく恋愛や婚活を行っていけるといいのぉ。素敵な出会いがあるといいのぉ。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
素敵な彼氏の作り方
結婚相手の選び方
結婚相手の年収/収入より大事なこと
婚活女子と男子のすれ違い
結婚したい!結婚するコツ
恋人と結婚する前に
結婚相手を探すには?方法
20代結婚前準備
自己pr方法/婚活編
結婚相手の条件
結婚・婚活に焦る/解決方法
結婚の意味
婚活/成功と失敗の境
結婚相手として嫌な特徴
婚活男女の心理
結婚相手の条件/男性女性の違い
教員・教師との結婚/真実
結婚への夢と現実
後悔しない結婚相手の探し方
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
理想の結婚をするには?現実的方法
結婚前準備のコツ







~婚活・結婚の疑問関連記事~
結婚は愛?お金?
なぜ離婚するか?理由
好きで結婚したのに離婚する理由
男性の結婚願望/真実
恋活とは婚活とは?違い
なぜ結婚するか?理由

~同棲~
結婚前同棲の生活費
同棲から結婚/潜む罠
二人暮らしの注意点/恋人編

~結婚後~
夫婦喧嘩をしないコツ
夫婦円満のコツ


for womanラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方