年下彼女が欲しい   

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。恋愛人生世界お金 に関する ためになる話

年下彼女が欲しい

年下女性と付き合うコツとは?年下彼女が欲しい!年下彼女の作り方。 年下の彼女を作る方法

年下彼女が欲しい!


1.年下彼女が欲しい
①年下の彼女を作るには?方法とコツ
■「年下の可愛い彼女が欲しい!」という思いは、多くの男性がもっている想いですよね。
年下彼女の作り方のコツの1つは、女性共通の心理を見ていくとわかってきそうです。

女性達はたまに、こんな発言をします。
「この前知り合った男性は、30代なのに{未だに実家暮らし}と聞いて、気持ちが冷めた。」

どうして女性は、30代の実家暮らし男性に、マイナスなイメージをもつのでしょうか?
それは女性が「自分より精神的にも経済的にも自立した男性と付き合いたい。結婚したい。」と思っているからでしょう。
言い換えますと「自分より精神年齢の高い男性と付き合いたい。結婚したい。」と思っているから・・とも言えそうです。

人間という生き物は、実年齢が若いほど、精神的にも経済的にも親に依存しながら生きる生き物です。
そのため、精神年齢というのは、精神的/経済的な自立度によって決まっていくのかもしれません。
で、あるならば、{実年齢は30代なのに、未だに親に依存しながら生きている}ということは、{精神年齢が低い}ということになってしまいます。
だから女性は、「この前知り合った男性は、30代なのに{未だに実家暮らし}と聞いて、気持ちが冷めた。」などの発言をすることになるのかもしれません。

さて、女性の多くは、年下男性より年上男性を好みます。
また、「精神年齢が高ければ、実年齢は年下でも構わないよ。」という女性も多いものです。
そして「精神年齢が高ければ、実年齢は年下でも構わないよ。」という女性ほど、自分自身が精神的にも経済的にも自立している場合が多いようです。

年下の彼女が欲しい場合「私は、年上の男性と付き合いたい。結婚したい。」と考えている女性と、惹かれ合うことになる場合が多いですよね。
そして年上の男性を好む女性の心理には、以下のような事柄が含まれている場合があるようです。


②年下女性の心理~年下彼女が欲しい~
■女性の中には、実年齢も体も大人で社会人なのに、精神的にも経済的にも親に依存したまま生きている女性もいるのかもしれません。
多くの親は、自分達の子供の中でも、男の子よりも女の子に対して、精神的・経済的な手助けをしながら育てるケースが多いようです。
男の子には「男の子なんだから勝手に自分で育て。自立しろ。」とするのに対し、女の子には「女の子はお姫様だから、大切に育てないとな。」とする親は多いですよね。

その結果、男性の方が親に手助けしてもらえない分、自力で育ち、社会人になった後も、自分の力で生きていくことになるケースが多いようです。
一方、女性の場合は、親の教育方針にもよりますが、子供の頃から、精神的に親に援助されつつ育ち、社会人になった後も、
「就職先探しを父親が手伝う」
「携帯電話代金を親が支払い続ける」
「車の保険代金を、親が支払い続ける」
「車を、親が購入してあげる」
などと、親に精神的、経済的に援助されつつ育つこともあるため、実年齢も体も大人で社会人なのに、精神的にも経済的にも親に依存したまま生きることになっている場合があるようです。
そのような女性の中には、未だに実家暮らしで、家にお金を入れないばかりか、料理も洗濯も、家事全般を母親にしてもらいながら、生活している場合もあるようです。

このように、親からの援助によって生きてきている女性は、自分1人では生きていく自信がないため、無意識的に、頼れる男性を求めてしまうようです。
その結果、「自分より精神年齢の高い男性と付き合いたい。結婚したい。」「自分より精神的にも経済的にも自立した男性と付き合いたい。結婚したい。」ということになり・・
「この前知り合った男性は、30代なのに{未だに実家暮らし}と聞いて、気持ちが冷めた。」と言うことに、なる場合も、あるのかもしれません。

こういった傾向は、女性自身に問題があるというよりも、親の教育の仕方に問題があると言えるのかもしれません。
親は、娘が可愛いから、大人になった娘に対してまで過保護に援助するのですが、その援助のせいで、娘は自立する機会をどんどん失っていくことになるようです。
その結果、20代になっても、30代になっても、精神的にも経済的にも自立することが出来ず、未だに親の援助なしには生きることが出来ない状態となってしまい・・自分1人では生きていく自信がもてなくなり、女性自身が、苦しむことになるようです。
とくに婚活によって、精神的にも経済的にも頼れる男性と結婚することが出来なかった場合に、老いていく、頼れなくなっていく親を見ながら、女性自身が、苦しむことになるようです。

さて、こういった傾向をもつ女性は、多いのかもしれません。
このような女性達は、「自分より精神的にも経済的にも自立した男性と付き合いたい。結婚したい。」と思うようになるようです。

そのため、精神的にも経済的にも自立した男性ほど、年下女性に限らず、女性からモテるようになりそうです。

そして、精神的にも経済的にも自立した男性になるためには、以下の点が重要ですよね。

①1人暮らしをする
→実家で暮らした方が、経済的には、かなりお得ですよね。
しかし、実家で暮らしてしまいますと、精神的にも経済的にも自立した男性の雰囲気が、出なくなってしまうのかもしれません。
女性は男性のことを直感的に判断している場合が多いのですが・・実家暮らしの男性の場合は、どうしても、そのような雰囲気が出てしまい、それを女性は敏感に感じとるようです。
一方、お金の工面を自分で頑張りつつ1人暮らしをしており、働きながらも、掃除・洗濯・ゴミ捨てなど、全て自分で行っている自立した男性の場合は、そのような自立した雰囲気が出ることになり・・その雰囲気を女性は敏感に感じとるようです。
「実家に暮らした方が貯金もしやすいし合理的だ。」とも思うものですが、彼女を作りたい場合や婚活中ならば、その判断は合理的ではないことがあるのかもしれません。

②親の援助は一切受けない
→親からの援助を受けていますと、そのような雰囲気がどうして出てしまい、その雰囲気を女性達は敏感に感じとり「甘えてる人っぽい」と判断するようです。
人間という生き物は、他の動物に比べ、親に頼りながら育つ時期が非常に長い生き物です。
そして、親の援助が一切なくなった時、親の援助が完全に断ち切れた時、人間という生き物は、初めて自立した大人の雰囲気が出てくるようになるのかもしれません。
なにかしら親から援助を受けている本人自身は気がつかないものですが、他者から見ると、「甘えてる人っぽい」雰囲気が、どうしても出てしまっているようです。

③親を援助してあげる
→親は、子供が歳をとればとるほど、年老いていきます。
そんな両親を、精神的にも経済的にも、助けてあげるようになると・・女性から見ればですが、「他者のために頑張るイイ男」の雰囲気が、出てくるようになるようです。
親のことなど考えず、自分のことばかり考えていると、「自分のことだけ考えている人」の雰囲気が出るようになるのかもしれません。
この雰囲気は、女性からモテる雰囲気では、ありませんよね。


③まとめ~年下彼女が欲しい~
■自分自身が、精神的にも経済的にも自立した男性になればなるほど・・そして「他者のために頑張るイイ男」の雰囲気が出るようになればなるほど・・女性達は敏感ですから、年下女性達の‘俺’のことを見てくる‘目’が変わってくることでしょう。
とくに、年下女性達が、結婚適齢期になればなるほど、その傾向が強くなることでしょう。
結婚を意識していないうちは、女性は男性を「精神的にも経済的にも自立しているか?」で見るのではなく、「顔がイケメンかどうか?」「身長が高いかどうか?」「性格がやさいしか?」などで見ますから。

精神的にも経済的にも自立した男性になっていけるよう、心の仙人/仙女修行の方も、楽しみながら行っていきたいものですね。


~年下彼女が欲しい~
<writer 名無き仙人>





バス男「年下彼女が欲しいかぁ。」


バス子「恋愛や婚活が上手くいくといいわね。」


仙人「可愛い年下彼女が出来ると良いのぉ。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
女性が喜ぶセリフ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方
重い彼女と依存心
価値観の違いを見抜く方法
男と女の脈あり態度