初デート後のメール  

Produce by nameless sennin
恋愛/婚活/結婚に関するためになる話

初デート後 メールから見る心理

初デート後 メールから見る心理
初デートの後、メールの返信が遅かったりなかったり、内容が・・
初デートの後のメールから相手の心理を読み解くことができれば・・
初デート後 メールから見る心理  物語の始まり。

恋愛
・デート
初デート後 メールから見る心理

バス男「ふんふふ~ん♪今日も休みだぁ~・・、・・・あれ、バス子ちゃん?」


バス子「ふぅえ~ん。。。バス男さ~ん。」


バス男「あれ?どうしたのバス子ちゃん。」


バス子「
彼からメールがこないの。」


男「うん?彼って?」


子「ほら、私がこの前話した<今度デートする!>って言ってた‘彼’よ。昨日、その‘彼’と付き合う前の初デートをしたんだけど・・・。」


男「うん。どうだったの?駄目だったの?」


子「それがね、デート自体は良い感じだったの。私はすごく楽しかったし、・・彼も楽しそうだったのよ。でも・・・、
デート後に彼からメールがこないの。。やっぱり彼はデートを通して私のことを良く思わなかったのかしら?・・あ~ん、もうっ!やっぱり、あの量の多いオムライスを完食するんじゃなかった!彼は私がオムライスを完食した後<よく全部食べれたね!>って驚いた顔してたけど、・・・彼はアレに引いたんだわきっと。。」


男「ははは。バス子ちゃん食べすぎだよ~。」


子「・・」


男「ちょっ、ちょっとぉ。そんな睨まないでよ。冗談だよ。」


子「やっぱり男の人って、小食の女の子が好きなんでしょ?・・私嫌われたんだわ~↓↓だからデート後に彼からメールがこないんだわ。」


男「それはどうかな?この前のデートは付き合う前の1回目のデートだったんでしょ?だったらデート後に<男からメールがこないから>って、{嫌われたかどうか}はわかんないよ。」


子「それはどうして?」


男「うーん、まあ個人差もあるんだけどね、
男からしてみたら付き合う前の初デートの後に自分からメールを送るのは抵抗があるんだ。だから男はね、たとえデートが楽しかったとしても、デートの相手の女の子に好感をもったとしても、デート後に自分からメールを送らない場合もあるんだ。」


子「へ~。でもなんで男の人ってデート後に自分からメールを送ることに抵抗があるの?」


男「それには様々な理由があるよ。例えば<デート後に自分からメールなんて男としてのプライドが許さない>とか<デート後のメールなんてアフターフォローはこっ恥ずかしい>とかね。でも大きな理由は主に3つあってね・・。」


子「なになに?」


男「1つは
不安なんだ。男はデートした相手の女の子が<自分のことを気に入ってくれたかどうか?>や<今回のデートを満足してくたかどうか?>に自信がもてないんだ。デート後にね。」


子「へ~。男の人もやっぱりそうなんだぁ。」


男「うん、もちろん。だからね、自分からメールして<デートした相手の女の子からメールが返ってこなかったらどうしよう?>と不安なんだ。{
もしメールが返ってこなかったら・・}なんて想像すると恐くて恐くて・・自分からメールできないんだよ。」


子「へ~。でもそれは女の子も同じよ?」


男「そうだね。でも男には他にも2つ、デート後に自分からメールを送ることに抵抗がある理由があるんだ。その1つはね・・・男は自分の感情・気持ちに鈍感で、そして自分の感情・気持ちを表現するのが苦手なんだ(彼(男)が鈍感で女が敏感な理由)だから男はデート後に自分からメールを送ることに抵抗を感じるだよ。」


子「意味わかんないけど?」


男「つまりね、デート後のメールって自分の感情・気持ちを表す内容になるよね?例えば(今日は
楽しかったよ!ありがとう!)とか(初めは少し緊張したけど、楽しかったよ。また時間合えば遊びたいね♪)のように・・。」


子「そうね。」


男「だから男はデート後に自分からメールを送ることに抵抗を感じるんだ。自分の気持ちを文章で表すこと自体、男は抵抗があるんだからね。そして
男にとってはメールは情報伝達の手段なんだ。<いついつ何時にどこどこ集合>みたいなね。だから特に用件・用事もないのに(※デート後のメールは自分の気持ちを伝えるだかだから。)メールをすることも男は苦手だから、男はデート後に自分からメールを送ることに抵抗を感じるんだよ。」


子「ふ~ん。自分の気持ちを伝えることは、立派な用件・用事なのにね。・・ってそう感じるのは私が女だからか・・。
女にとってメールはお互いの絆を深める道具でもあるものね。プリクラと同じね(女の子がプリクラ好きな理由)」


男「そして、男がデート後に自分からメールを送ることに抵抗を感じる最後の理由はね、、、、」


子「なになに?」


男「付き合う前の1回目のデートって、男はね、デートの段取りをして自分の車を出して運転して、そして食事となればお金を多くだし女の子の送り迎えをし・・・と頑張っているんだ。・・・もちろん女の子もメイクや服等頑張っているんだけどね・・。だから男からしてみれば<
これだけやって(頑張って、尽くして)さらにデート後に自分からメールで今日は楽しかったよ!ありがとう!と送る>・・・は抵抗を感じるんだ。だって自分の育った家庭では、家族でどこか旅行なり出かけた時にハンドルを握ったお父さんに対しお母さんが{お父さん、今日はありがとう!}って言うのを見て育ってきているからね。男としては、<ソコは女の方から感謝を言ってよ!>ってな感じなわけさ。だから男はデート後に自分からメールを送ることに抵抗を感じるんだよ。」


子「へ~。男性の心理が少しわかったかも!じゃあデート後に<男性からメールがこない>からって、必ずしも‘
嫌われた!’ってわけじゃないのね。」


男「そうだよ。」


子「じゃあ・・・もしかしてデート後のメールは私から送ったら良かったのかしら?」


男「うん。バス子ちゃんがデートした相手の男性を気に入っているならね。男性にとって、デート後に女性から送られてくる<
今日は楽しかった!ありがとう!>ってメールは男性のテンションを上げるんだよ。男は女から感謝されたり喜ばれたりすると恋の勝者・勇者の気分、つまり良い気分になれるからね。男は小さい頃から勝つことや勇者が好きだろ?そんな自分を恋の勝者・勇者の気分(良い気分)にさせてくれる女性は男からしたら魅力的な女性に感じるんだ。そんな魅力的な女性とは男は<また会いたい!>と思いやすいわけだから、バス子ちゃんがその男性を気に入っているなら、バス子ちゃんの方からメールすると良いかもしれないね。」


子「そっか!・・・・(ピコピコ・・)」


男「(
さっそく送ってるし・・・)逆にデートした相手の男性が気に入らなければ、メールを送らなければ良いんだよ。そうすることで、デートした相手の男性に敗者の気分を与えることができるから。敗者の気分を与えられた男性は、萎えて・・もうバス子ちゃんには近寄ってこなくなる確率が上がるから。」


子「(ピコピコ・・)送信!っと。・・なんか言った?バス男さん。」


男「
全然話聞いてないし・・・)まっ、要はね、デート後のメー


ピロピロピロリ~


子「ごめん!ちょっと・・{はい、もしもし。・・うん、うん。・・・・今?今全然電話大丈夫!今丁度暇してたから・・うん、うん、・・}


男「(
今丁度暇って・・・








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
メールが下手/苦手な男性へ(デートを誘うメールのコツ)
デートで惚れられる方法
初デートを成功させるコツ・準備
付き合う前の初デートのコツ
男と女の脈あり態度





for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方

~婚活・結婚関連記事~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備