婚活・恋愛と見た目外見  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

婚活・恋愛と見た目外見

婚活・恋愛と見た目、外見
婚活や恋愛では、【見た目・外見】の問題はきっても切り離せません。
恋愛や婚活において、【見た目・外見】はどの程度重要性があるのでしょうか?
実際の恋愛、婚活の現場から得た生の本当の情報とは?
婚活・恋愛と見た目、外見  物語の始まり。

恋愛
~恋愛を始めるステップ~
婚活・恋愛と見た目、外見

バス男「やっぱり、婚活や恋愛では見た目や外見って大事だよなぁ。僕なんて、見た目や外見が悪いから、恋愛や婚活で上手くいったことがないよ。」


バス子「あら、バス男さん。恋愛や婚活が上手くいかない原因を、外見や見た目のせいにしちゃ駄目よ。バス男さんに彼女・恋人ができない理由は、恋愛スキルがないことが原因なのよ。バス男さんの女性との会話って、全然おもしろくないし・・。まずはその、女性の前だと緊張してアガるところ、直したらどうかしら?」


バス男恋愛スキルなんて関係ないよ。見た目や外見の方が大事だよ。だから、僕に彼女・恋人が出来ない理由は、やっぱり外見のせいだよ。ダイエットしてメガネからコンタクトに変えようかな~。」


バス子「恋愛・婚活に外見・見た目は関係ないわよ!大事なのは、その人の恋愛スキルよ。だって私、男の人に「可愛いね」「綺麗だね」って言われたことあるけど、男性と上手く接することが出来ないから結局彼氏ができないもの。」


「だってバス子ちゃん、男の前だと態度変わるもんなぁ~。猫かぶりす・・」


「な、なによ!?」


「い、いや、なんでもないよ。・・・しかし、恋愛・婚活では、見た目や外見って、どの程度必要なのかなぁ?恋愛スキルと見た目は、どっちの方が重要なのかなぁ?」




仙人お主らは、{根本的なところ}をわかっておらぬのぉ~。」


「あっ、仙人様。」


仙人恋愛・婚活では、まず【①見た目による足きり】があり、その後は【②恋愛スキルの影響】があり、その後というのは、もうタイミングの問題なんじゃよ。」


それはどういうことですか?」


仙人「恋愛・婚活では、最初に‘出会い’があるじゃろ?その出会いの時点で、【①見た目による足きり】が行われるのじゃよ。」


「新たな異性との出会いの時点で、外見から「この異性は、恋愛対象になりうるかどうか?」が、決まっているのね。それって、外見が駄目なら0.2秒で恋愛対象からピンハネされるの記事で話していたことだわ。」


仙人「そうじゃよ。じゃから外見が悪いと、恋愛・婚活ではお話にならぬわけじゃ。理由は{外見が駄目なら0.2秒で恋愛対象からピンハネされる}の記事を読んでくれの。」


「じゃあ、やっぱり恋愛・婚活では外見が大事なんだ!それなら僕は外見をトコトン極めよう。整形手術しようかぁ~。」


仙人「外見が大事と言っても、見た目を極める必要はないのじゃよ。その理由に、街を見渡してみよ。多くの彼氏・彼女もち、妻・旦那もちの男女は、そんな外見が特別良いわけではないじゃろ?」


「そ、そうよねぇ。皆、対してイケメンや可愛いわけでないのに、彼氏や彼女、妻や旦那がいるわ。」


仙人「うむ。じゃから、恋愛・婚活で外見が重要と言っても、出会った時に、恋愛対象として見てもらえる程度の外見であれば、それで良いのじゃよ。それ以上外見を極めても、異性からの評価がそんなに上がるわけではないのじゃ。なぜなら、
恋愛対象として認知してもらった後は、今度は外見より、その人の‘人間性’や‘恋愛スキル’が重要になってくるからじゃ。」



「じゃあ外見は、ほどほど無難で良いわけだね。」


仙人「年齢が上がるほどに【その人の人間性】【その人の生き様】【性格】【誠実さ】【年収などの社会的地位】が、恋愛・婚活では重要になってくるがのぉ。」


「そうよね。」


仙人「そして、恋愛スキルも、バカに出来ないのかもしれぬのぉ。」


「どうしてそう言えるの?


仙人「なぜなら、【恋愛感情に勝る{性格}や{社会的地位}は存在しない】からじゃよ。どんなに頭では「この人はとっても良い人だし、結婚したらきっと幸せよね・・。」とか、「この人は年収が多いから、結婚したら将来、経済的にも安泰よね・・」とか、頭の中で、相手との交際・結婚のメリットを理解しても、心が相手に惚れておらぬかったら、その2人は結ばれるまでいかぬからの。打算で結婚する人は、今の日本社会にはおらぬのじゃよ。不景気といえど日本は裕福じゃから、自分が惚れてもおらぬ人と、ムリして一緒にならずとも、食っていけるし生きていけるからの。」


「まあ、確かにそうよねぇ。逆に、性格が悪い異性や、貧乏な異性でも、その異性に惚れてしまったら、頭では「この人とは別れた方が良い!」とわかっていても、別れることができないものね。」


仙人「そういうことじゃよ。なぜなら、【恋愛感情に勝る{性格}や{社会的地位}は存在しない】からじゃ。じゃからこそ、相手の恋愛感情が高まる恋愛スキル、相手の恋愛感情に恋の炎をつけることのできる恋愛スキルは重要なのかもしれぬのぉ。特に、いつも「良い人」止まりで終わってしまう男女は、恋愛スキルがあるのも良さそうじゃのぉ。恋愛スキルは学べば良いだけじゃから、学んだほうがお得かもしれぬのぉ~。」


「恋愛スキルはどうやって学べば良いの?」


仙人「それはページ下にある、素敵な彼氏の作り方・可愛い彼女の作り方の記事を読んでみることじゃの。」


「ふ~ん。・・ねえねえ仙人?「恋愛スキルの影響の後は、タイミングの問題」って言ってたけど、それはどういうこと?」


仙人
外見がピンハネされない程度に良くて、恋愛スキルをもっていたら、【出会った異性と両想いになれるかどうか?】は、相手次第になるのじゃよ。」


「自分が「頑張ったから」って、結果をコントロールできないわけだね。」


仙人「うむ。自分が頑張っても、自分が相手の好みにじゃなかったら、両想いにはなれぬしの。それに、自分が頑張って、デートを重ねても、結局付き合うことができぬかったということはよくあるじゃろ?」


「まあ、そうねぇ。」


仙人「そういうときというのは、よくよくいろいろ調べてみると、相手の異性が実は「まだ、元恋人のことが忘れられない・・。(しかも、実は元恋人とまだ会っている)」とか、「職場に本気で好きな人がいる」とか、「そんなことなら、頑張ってもどっちにしろ、両想いになるのはムリだったわけね」ということも多いのじゃよ。つまり両想いになれなかったのは、自分のせいではないのじゃよ。」


なるほど~。」


仙人「逆に、「今、とぉっても恋人が欲しい!出会いないかなぁ~」というような異性と出会えたときは、自分がそんなに頑張らなくとも、両想いになることができるのじゃよ。」


「ふ~ん。じゃあ、やっぱり最後はタイミングなのね。」


仙人「そういうことじゃの。ふぅ~。しかし今回も話疲れたのぉ~。休憩時間は、楽しいことをせぬとの。人間、楽しいこともせぬと、どっかでいきづまるからのぉ。」


「・・・(仙人様は、いきづまる心配はなさそうだけど・・。)









★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
好きな人を作り方・方法
婚活・恋愛と見た目外見
モテることの意味
男と女の脈あり態度







for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方

~婚活・結婚関連記事~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備