外見が悪い男女   

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

外見が駄目なら0.2秒で恋愛対象からピンハネされる

外見が駄目なら0.2秒で恋愛対象からピンハネされる
「私は・俺は・・外見ではなく中身で判断する異性と付き合いたい」
そのように考えて当然です。皆、外見より性格等、内面を重視したお付き合いをしたいからです。
だから外見を磨くなんてチャラチャラした感じで、抵抗があります。
しかし仮に0.2秒で本能的に無意識に、恋愛対象からピンハネされていたらどうでしょうか?
外見が駄目なら0.2秒で恋愛対象からピンハネされる  物語の始まり。

恋愛
恋愛・婚活をする前に
外見が駄目なら0.2秒で
恋愛対象からピンハネされる

バス男「フ~ンフフン、フフ~ン・・♪」


バス子「あら、バス男さん。鼻歌なんて歌っちゃって。ご機嫌ね。なにしてるの?」


バス男「サイト作りのために、紙に書き溜めていた原案をまとめてるんだ。」


バス子「へ~。」


「今日はいい天気だなぁ。」


「ねぇ・・、‘やっぱり恋愛・婚活で外見は大切なのかな。」


「あったり前じゃないか!恋愛・婚活なんて、ぶっちゃけ、外見だろ?恋愛・婚活において外見は大切に決まってるよ。」


「まあ、外見だけじゃないけど・・。やっぱ外見は大事よね。」


「駄目・ダメ・だめ!!」


「・・?なにが駄目なの?」


「バス子ちゃんは、外見に対する認識が甘いんだよ。騙されちゃ駄目だよ。世間一般の(外見より中身の方が大事だ!)って言葉に。本当に外見は大きいからね。」


「ちょっとそれは言いすぎよ、バス男さん。バス男さんは、自分が外見駄目だからって、外見に執着しすぎなんじゃないの?」


「・・、そんなの言われたらマジにへこむよ、バス子ちゃん、、。確かに僕は外見ダメだよ。でもだからって、こんなに外見について言っているわけじゃないんだ。みんな、知ってるから言っているんだよ。」


「みんなは、なにを知っているの?」


「みんなはね、表面上の意識では、(外見より中身の方が大事だ!)なんて言ってるけど、誰しもが深い部分で強く知ってるんだ。‘外見も含めて、その人のパーソナリティー’だってことを。例えば、バス子ちゃんで言うとね、‘バス子ちゃん’という存在を構成する大きな要素の1つが、外見なんだ。当たり前のことだろ?僕達は‘肉体’をもった4次元空間の世界に、今いるんだから。当然だよ。てか、バス子ちゃんはどうして(外見が大事だ!)って考えに対してなんとなく嫌悪感を抱いているんだい?」


「なんでだろ?・・もしかしたら、人間は、(外見が大事だ!)って考えに対して、嫌悪感を抱くように小さい頃から、学校や世の中で教育されてきてるのかもしれないわね。(外見が大事だ!)って考えは、‘差別に繋がるから’という理由で。」


「うん、そうだね。外見において、どういった外見が‘良い、悪い’ではなく、単純に、‘外見も含めて、その人のパーソナリティー’だってことを、もっとしっかり自覚したほうが良いよね。‘外見’ってものが、曖昧に誤魔化されてる世の中だけにね。」


「そうね~。‘外見も含めて、その人のパーソナリティー’・・か。外見と内面はある程度呼応してるものね。」


「そうだよ。特に恋愛・婚活においては、外見は本当に大事なんだ。人間が、相手と会って、相手が恋愛・婚活対象か否かを判断するまでにかかる時間は、どのくらいか知ってる?」


「えー、どのくらいだろ?2ヶ月くらい?」


0.2秒だよ。」


子「そうなの!?
人間は、相手と会って、相手が恋愛・婚活対象か否かを0.2秒で判断してるの?」


「そうだよ。脳科学でもうわかってることだよ。0.2秒の間に、相手の、表情や立ち振る舞い、雰囲気、オーラなんてのも、判断してるんだろうけど、やっぱり、その中でも外見は大きな判断材料だろ?つまり、恋愛・婚活においては、外見が駄目なら‘0,2秒で恋愛対象からピンハネされる’ってこと。外見が駄目ならお話にならないってことさ。」


「え~、でもそんなのってアリなの?<人を外見で判断してはいけない!>って言うじゃない?私は人を外見で判断したりしないし、私のことを外見で判断するような異性には、私は興味ないわ。」


「うん。その気持ちはわかるよ。僕だって外見は駄目だから、高校の頃くらいまで、いつも恋愛話のカヤの外にいたからね。あの頃を思い出すと、・・・。うん、切ない自分がいたね~。ま、でも、<外見を0.2秒で判断する>ってことは、人間として生まれてきたからには仕方ないことなんだ。」


「どうして仕方のないことなの?」


「じゃあ仮にね、バス子ちゃんがアフリカに行ったとするよ?アフリカの大草原を歩いていて、バス子ちゃんの目の前に雄ライオンが現れたらどうする?」


「そりゃあ、パニくるわね。てか、逃げるわ!」


「だろ?いちいち<あ!雄ライオンだ。やっば!お腹減らしてたらどうしよう?・・うん?でも、外見で判断するのは良くないし・・。もしかしたらやさしいライオンなのかもしれないし。。それに確か雌ライオンが主にエサの調達をして、雄ライオンはあまり狩りをしないのよね。だから、大丈夫かもしれないわ。ま、でも一応逃げておこう>なんて考えたりしないだろ?」


「そりゃそうよ!ライオンが視界に入った瞬間、猛ダッシュよ。」


「それが、<外見を0.2秒で判断する>ってことさ。」


「あっ・・。」


「うん・・。人間として生まれてきたからには、<外見を0.2秒で判断する>ってのは仕方のないことなんだ。自分の意思とは関係なく、脳が勝手に<外見を0.2秒で判断する>をしているんだ。誰しもが、日常的にやっていることだよ。異性に対してだけでなく、すべての人に対してね。」


「そうなのね~。じゃあ、道徳的に<良い、悪い>ではなく、人間は、ただただ<外見を0.2秒で判断している>ってことなのね。日常的に、すべての人に対して、自分の意思とは関係なく、無意識のうちに。」


「そうだね。で、異性においては<外見から、0.2秒で相手を恋愛・婚活対象か?否か?を判断>しているんだ。」


「そっか。じゃあ恋愛において、外見はシビアな問題なのね~。じゃあやっぱり、外見がイケ面や可愛い方が、恋愛において良いのかな?」


「そうだね。恋愛・婚活において外見がイケ面や可愛いほうが絶対有利だね。ぶっちゃけ、ソレが現実だよ。」


「やっぱりそうなの?」


「うん、そうだね。有利なのは確かだよ。そのことを僕は経験上、痛いほど知ってるよ(笑)でも恋愛・婚活は、複雑に様々な要素が絡んで成立するからね。例えば、環境や潜在意識、恋愛スキル・経験、年齢、相性、タイミング、夜のフンフン、職業・お金、時間、世の中などは、恋愛から切り離すことができないよね。要は、外見が、イケ面や可愛いほうが有利なのは確かだけど、イケ面や可愛いことがすべてではないのも確かってことさ。」


「へ~。なんか、言っていることは、なんとなくわかるんだけど・・。じゃあ、素敵な恋愛をするために、私はいったいどうすれば良いの?」


「じゃあそれを、これからわかりやすく説明していこうか。」


「うん。楽しみ!」


「そうだね。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
外見が駄目なら0.2秒で恋愛対象からピンハネされる
恋愛・婚活ではニオイが重要
体のコンプレックスと恋愛・婚活
男と女の脈あり態度





for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方

~婚活・結婚関連記事~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備