恋愛する場所    

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

恋愛に適した場所 環境を選ぶ

恋愛に適した場所 環境を選ぶ
どこで恋愛をするか?は非常に大切です。
そのことについて、以下の2つの物語で見ていきます。
恋愛に適した場所 環境を選ぶ  物語の始まり。

恋愛
・出会い
恋愛に適した場所 環境を選ぶ


あるところに、皆(異性)に愛される、
幸せなレストラン経営を志す2人のバス、
バス吉と、バス助がいました。
バス助のほうが料理の腕が上。
さあ、どちらのレストランが繁盛するのでしょうか?


バス助「やい!バス吉、お前もこれから皆(異性)に愛される、幸せなレストラン経営を目指すんだろ?」


バス吉「うん、そうだよ。だってたくさんのお客さんに愛されるレストラン経営なんて、憧れるじゃん?」


バス助「そうだよな。俺もたくさんのお客さんに愛されるレストラン経営生活が夢なんだ。だけどバス吉?お前の‘料理の腕前’じゃ無理だよ。だってお前の料理、イケてないんだもん。それに今は知ってのとうり、不況だろ?だから俺みたいに、‘おいしい料理’を作れるように努力しろよ。バス吉は、たくさんのお客さんに愛されるレストラン経営をするために、料理の腕磨きはしてるのか?」


バス吉「料理の腕磨き?」


「ほら?包丁さばきの練習や、食材を見抜く目を養ったり、味付けのコントロールや、さらには料理についてネットで調べたり、レシピ本を読んだり、実際にお料理教室に出向いたりってことさ。」


「あ~あ。今はそういうのが流行っているみたいだね。でも僕は、そういったことより、レストランを経営する立地(場所)にこだわろうと思うんだ。」


「レストランを経営する立地?」


「そうさ。‘どこでレストランを経営するのか?’が、たくさんのお客さんに愛されるレストラン経営をするためには、大事だと思うんだ。」


「レストランを経営するのに立地なんて関係ないさ。そんなことより、いかに自分が‘料理の腕が良いか?’の方が大事に決まっているじゃないか?だから俺は、自分がいかに‘料理が上手いか?’で勝負するさ。」


「ふーん。でも僕はもともと料理の腕が悪いからね。ソコはどうしようもないんだ。だから僕は、‘他の飲食店、つまりライバルが少なく、みんながお腹を減らしている場所‘でレストラン経営をしようと思うんだ。」


「へん!お前の‘料理の腕’じゃ、どこでレストラン経営をしようが、俺にはかなわないさ。だって俺のほうが料理の腕’が良いし、その上、‘自分磨き’をして、さらに‘おいしい料理’を作れるように、頑張っているんだぜ。」


「・・・・、ま、僕は僕のやり方でたくさんのお客さんに愛されるレストラン経営を目指すから。」


「ふん!勝手にしやがれ!」


2ヶ月後


「やい!バス吉、お前のレストラン経営はかなり上手くいっているらしいな。なんでも、たくさんのお客さんに愛されているって聞いたぞ。」


「そうだよ。僕は多くの大学生が住む大学の近くでレストラン経営をしてるんだ。ソコはお客さん自体多いし、その上ライバル店が少なくてね。他にレストランがほとんどないから、みんな僕のレストランに惹かれてくるんだ。ソコに住むお客さんが生活圏を相対的に評価すると、僕のレストランはお客さんの中では、上位なのさ。僕の店は‘料理の腕前’はイケてないんだけどね(笑)だからわざわざ、料理の腕前を磨かなくたって、お客さんの方から来てくれるんだ。」


「なんだよ、ソレ!?俺なんて一生懸命、料理の腕前を磨いて頑張っているのに、お客さんは1人すら俺の店にきてくれないよ。実際、俺の料理の腕前は確かなんだけどな~。友達には<料理の腕前は良いね!>って言われるのに・・。」


「バス助は、どこでレストラン経営をしているんだい?」


「俺は、多くの寝たきり老人が住む住宅街でレストラン経営をしているんだ。ソコはお客さん自体少ないし、ライバル店が多くてね。他にもおいしいレストランがたくさんあるから、お客さんは俺のレストランには来てくれないんだ。だから、さらに料理の腕前を磨くべく、いろいろと頑張っているんだけど、なかなか・・。」


「ふふふ。要はレストラン経営で大事なのは、もちろん料理の腕前も大事だけど、どこで‘レストラン経営をするか?’が大事だってことだよ。人間の外食に行く範囲なんて狭いからね。お客さんの生活圏内で、自分の店が相対的に評価が上にくる環境でレストラン経営すれば良いのさ。」


「そうなのか~!もっと早くその話を聞きたかったぜ。早速、‘レストラン経営をする場所’を変えよう!



あるところに、女性に愛される、幸せな恋愛を志す2人のバス、バス吉と、バス助がいました。
バス助のほうが男前度が上。
さあ、どちらの恋愛が繁盛するのでしょうか?


「やい!バス吉、お前もこれから女性に愛される幸せな恋愛を目指すんだろ?」


「うん、そうだよ。だってたくさんの女性に愛される恋愛なんて、憧れるじゃん?」


「そうだよな。俺もたくさんの女性に愛される恋愛生活が夢なんだ。だけどバス吉?お前の‘男前度’じゃ無理だよ。だってお前の容姿、イケてないんだもん。それに今は知ってのとうり、婚活時代だろ?だから俺みたいに、‘いい男’になれるように努力しろよ。バス吉は、たくさんの女性に愛される恋愛をするために、男磨きはしてるのか?」


「男磨き?」


「ほら?女とのトークの練習や、女を見抜く目を養ったり、さらには恋愛についてネットで調べたり、恋愛のスキルに関する本を読んだり、実際に合コンに出向いたりってことさ。」


「あ~あ。今はそういうのが流行っているみたいだね。でも僕は、そういったことより、恋愛をする立地(場所)にこだわろうと思うんだ。」


「恋愛をする立地(場所)?」


「そうさ。‘どこで恋愛をするのか?が、たくさんの女性に愛される恋愛をするためには、大事だと思うんだ。」


「恋愛をするのに立地(場所)なんて関係ないさ。。そんなことより、いかに自分が‘男前か?’の方が大事に決まっているじゃないか?だから俺は、自分がいかに‘男前か?’で勝負するさ。」


「ふーん。でも僕はもともと見た目が悪いからね。ソコはどうしようもないんだ。だから僕は、他のイケメン、つまりライバルが少なく、女性が恋愛を、男を欲している場所で恋愛をしようと思うんだ。」


「へん!お前の‘男前度’じゃ、どこで恋愛をしようが、俺にはかなわないさ。だって俺のほうが男前度’が良いし、その上‘自分磨き’をして、さらに‘いい男’になれるように、頑張っているんだぜ。」


「・・・・、ま、僕は僕のやり方でたくさんの女性に愛される恋愛を目指すから。」


「ふん!勝手にしやがれ!」


2ヶ月後


「やい!バス吉、お前の恋愛はかなり上手くいっているらしいな。なんでもたくさんの女性に愛されているって聞いたぞ。」


「そうだよ。僕は多くの女子大学生が住む女子大学の近くで恋愛をしてるんだ。ソコは女性自体多いし、その上ライバルの男がが少なくてね。他に男がほとんどないから、みんな僕に惹かれてくるんだ。ソコに住む女性が生活圏を相対的に評価すると、僕は女性の中では、上位なのさ。僕は‘男前度’はイケてないんだけどね(笑)だからわざわざ、男前度を磨かなくたって、女性の方から来てくれるんだ。」


「なんだよ、ソレ!?俺なんて一生懸命、男前度を磨いて頑張っているのに、女性は1人すら俺の方にきてくれないよ。実際、俺の男前は確かなんだけどな~。友達には<男前ね!>って言われるのに・・。」


「バス助は、どこで恋愛をしているんだい?」


「俺は、多くの寝たきり老人が住む住宅街で恋愛をしているんだ。ソコは女性自体少ないし、ライバルのイケメンが多くてね。他にもイケメンがたくさんいるから、女性は俺には来てくれないんだ。だから、さらに男前度を磨くべく、いろいろと頑張っているんだけど、なかなか・・。」


「ふふふ。要は恋愛で大事なのは、もちろん男前度も大事だけど、どこで‘恋愛するか?’が大事だってことだよ。人間の恋愛範囲なんて狭いからね。女性の生活圏内で、自分が相対的に評価が上にくる環境で恋愛すれば良いのさ。」


「そうなのか~!もっと早くその話を聞きたかったぜ。早速、‘恋愛をする場所’を変えよう!







★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
恋の真実 恋愛は相対評価
恋愛対象として見られる方法
男と女の脈あり態度





for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方

~婚活・結婚関連記事~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備