一般大衆向けの情報   

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

一般大衆向けの情報

一般大衆向けの情報
情報をただただ、受けるだけでは実感がもてませんが、
わざわざ、一般大衆向けの情報を作っている側の人間もいるのかもしれません。
情報を見抜く目は、情報化社会において重要です。
一般大衆向けの情報   物語の始まり。

情報
一般大衆向けの情報
うらしまたろう

昔あるところに、子供に釣られかけていた
ブラックバスを助けた男がいた。
彼の名は、うらしまたろう。
助けたブラックバスの話によると、
うらしまたろうが求めてやまない、
質の高い情報の入手の仕方の答えが、竜宮城にはあると言う。
うらしまたろうは、助けたブラックバスに連れられて、
竜宮城に行くのであった。

うらしま「ふ~。やっとついたぜ竜宮城。竜宮城にいるブラックバスは、かなりの情報マニアらしいからな。特に姫には、質の高い情報の入手の仕方の質問をぶつけてみよう。さて、今日はとことん情報について、聞くぞ。しっかしおかしいな?正門開いてねーじゃん。しょーがない、勝手口からはいるか。勝手口はこっちだよね・・。あ、勝手口の前に、お婆さんがいる。」


お婆さん「おっ、うらしまたろうじゃ。どうなさった?」


うらしま「お婆さん、質問だ。今は情報化社会なんだが、情報がありふれている。情報がいろいろありすぎるんだ。その中で、良い情報を手にいれる為には、どうすればいい?


お婆さん「ふむ。確かにの。まあ、しかし人それぞれ、自分にとっての良い情報というのは違うからのぉ。お前さんにとって良い情報でも、ワシの孫のピーターにとっては、良い情報かどうかはわからんからの。一概には言えんわい。」


うらしま「ま、そりゃそうかもしれねーな。でもせっかく来たからさ。教えて。なにかヒントみたいなものでもいんだけど。」


お婆さん「そーじゃのう。ヒントになるかわからんが・・。もしお主が、TVのディレクターだったら、どの人のために番組を作るんじゃ?」


うらしま「そりゃー、一般大衆のためだろ?」


お婆さん「じゃあ、もしお主が、雑誌の編集長だったら、どのバスのために雑誌を作るんじゃ?」


うらしま「そりゃー、一般大衆の為さ。」


お婆さん「そうじゃ。一般大衆のためなんじゃ。」


うらしま
「なんだよ。どう言うことだよ?・・ん?なるほど。大衆のために、情報を作る側もいるってことか。情報を受ける側ではなく、作る側が。・・そして大衆受けがいいような内容の情報を作ると・・。①」


お婆さん「うむ。大衆向けの情報が‘良いか悪いか’は、人それぞれで違うからの。ただ、ときには{大衆向けに作られた情報}以外の情報に、お主が求めている情報がある場合も、あるかもしれぬのう。」


うらしま「なるほど。{大衆向けに作られた情報}以外の情報か。いったいそれはどんな情報なんだよ?」


お婆さん「それは、このサイトをもっと見るとだんだんわかるようになるわい。要は①の図の、大衆の円の外からの目線が手に入るということじゃ。」


うらしま「なんかわかったけど、わかんねえぜ。それは、例えば選挙運動なんかも、{一般大衆受けの良い政策を訴える}なんてこととも関係があるのか?う~ん。ま、とりあえずありがとよ。お婆さん。」


お婆さん「うむ。」


うらしま「よし。次に行こう。しかし、どこから竜宮城の中に入れば良んだ?しょうがない。裏口から入るか。まるで俺ドロボーみてえだな。確か裏口は・・こっち・・。お!裏口の前におばさんがいる。」


おばさん「うらしまたろうちゃんじゃない。どうしたのよ、こんな所で。」


うらしま「おばさん。質問があるんだ。数ある情報の中から、良い情報を手にいれる為にはどうすればいい?<この情報は必要、この情報は必要ない>ってどうやって分けていけばいんだ?情報の取捨選択についてだ。情報が多すぎて、分け方がわかんねえよ。」


おばさん「うらしまたろうちゃんは、そもそもすべての情報に触れているわけじゃないのよ。世の中にありふれている情報の中の、小指の爪の先ほどの情報しか目に触れていないわ。どんなに幅広くから情報を集めようとしても、あなたが目にしている情報は、主にあなたの潜在意識によって、取捨選択されているのよ。気がつかないうちにね。」


うらしま「なんだよ。潜在意識って?(顕在・表面・潜在意識 具体的に具体例で説明)どうゆうことだよ。‘すべての情報にふれているわけじゃない’って。」


おばさん「そういった疑問は、このサイトを見ていけばわかるようになっているわ。あなたの潜在意識が、情報を取捨選択し情報を引き寄せているのよ。(引き寄せの法則と潜在意識)あなたの知らないうちにね。だから、自分で意識できる顕在意識・表面意識でいろいろ考えても、結局、潜在意識があなたの目に入る情報を決めているの。ほとんどの場合ね。」


うらしま「なんか難しいなぁ。要はこの記事だけですべてを説明するのが無理なんだろうな。よし、まあいいや。ありがとう。おばさん。あ!てか、おばさん。裏口開いてないの?」


おばさん「開いていないわ。残念ね。またね。」


うらしま「裏口開いてねーのか。まっいいや。次に行こう。てか、次はどこに行けばいんだ?竜宮城の中に入らねえとな、いいかげん。うろうろしてて、不審者だもんなぁこれじゃあ。とりあえず正門に戻るか。正門はこっちだ・・。お!正門に、竜宮城の姫がいるじゃないか!!・・・・姫。はじめまして。うらしまたろうです。よろしくお願いします。」


「おぉ!うらしまたろう。何処に行っていた?」


うらしま「いや、ちょっと開いてなかったんで裏口に・・。」


「あぁ。うら、しまっとたろう?」


うらしま「・・・え?」


「うらしまっとたろう。」


うらしま「・・・くだらね~!!」








質の高い情報の入手の仕方①
「一般大衆受けの良い情報〔TV・新聞・雑誌等〕の外にある情報に、真実の情報がある場合は多々ある」
質の高い情報の入手の仕方②
「自分の目に入る情報は、潜在意識が、情報を取捨選択し、情報を引き寄せている」





【合わせて読みたい】

事実の真実
正しい情報を見抜く方法 情報発信源
TVで報道できない国と企業の裏
常識は変化する 江戸と現在の比較
働く意味
営業マンの極意 ノウハウ・テクニック 無料
モテ恋愛の極意 ノウハウ・テクニック 無料
アフィリエイトの極意 ノウハウ・テクニック 無料
ジャグラーの勝ち方 極意 ノウハウ・テクニック 無料