営業マンの極意 ノウハウ・テクニック 無料 

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

営業マンの極意 ノウハウ・テクニック 無料で公開

営業マンの極意 ノウハウ・テクニック
なんでもそうですが、極意やコツがあります。もちろん、営業にも。
営業仙人に聞く営業の極意。
営業マンの極意 ノウハウ・テクニック  物語の始まりです。

人間
自己啓発
営業マンの極意 ノウハウ・テクニック
~営業のプロ、営業仙人が語る営業の極意


あるところに、若手営業マンのバス男と、
営業初心者のバス子がいました。
2人は今日、
営業仙人に
できる営業マンの極意を聞きにいくという・・。

バス子「ねえ、バス男さん。今日はついに営業仙人に営業スキル(腕)上達の極意を聞きに行く日よ。わくわくするわね♪これで私達も脱、営業初心者。・・そして明日からできる営業マンよ。」


バス男「うん。ついに僕もできる営業マンになれるんだ。営業が苦手で嫌で辞めたい自分とも、今日でおさらばさ。うれしいねぇ。・・なんでも今日話を聞く営業仙人は、現役のコロはバリバリ売っていたできる営業マンだったらしいよ。今じゃ引退して仙人生活を送っているけど・・。」


バス子「へ~。じゃあさっそく、元できる営業マン、営業仙人に会いにいきましょう。」


バス男「バス子ちゃん、・・お土産とかいらないのかな?」


「そうね~。手ぶらはマズいわね。・・私ったら、営業ウーマンなのに。。忘れてた。エヘッ。」


(うわ~、可愛い子ぶってごまかそうとしてる。。)じゃあ、僕が営業仙人が喜びそうなものをもっていくよ。。」




・・・・・・・・・・・・




仙人「・・むむ、誰が‘ハゲ’じゃぁっ!!?


(えぇ~いきなり!?・・仙人なのに‘ハゲ’にコンプレックスもってる。。)誰も仙人様に対して、そんなこと言っておりませんよ。始めまして営業仙人。僕は営業が苦手で嫌で辞めたいバス男で・・・」


「私は営業初心者のバス子です。」


仙人「うむ。。・・ところで・・(キョロキョロ・・)


子「?」


男「(はっ!)仙人、コレを。つまらないものですが・・。」


仙「むむ。そ、・・そんなつもりじゃなかったんじゃがのう♪まっ、せっかくじゃから頂こ・・おぉっ!・・・・。なんでも聞くがよい。」


子「
(すごっ!お土産の効果!なにあげたのかしら?)さっそくなんですが仙人、できる営業マンになるための方法を教えてください。極秘のノウハウを知りたいな♪エヘっ。」


仙「極秘のノウハウを教えて?・・そんなことより
営業実践を積むのじゃ。」


男「そんな~。出し惜しみせず、できる営業マンが使う、テクニックやノウハウを教えてくださいよ~。」


仙「ワシは今、誠心誠意を込めて答えとる。・・ワシにとっての極秘のテクニックやノウハウはあるが、お主らもワシと同じ極秘テクニックやノウハウを使って成功するわけではないのじゃよ。」


子「どういうこと?」


仙「ノウハウやテクニックというものは、
レシピなんじゃ。」


男「レシピ?・・料理で使う・・あのレシピですか?」


子「そっか。なるほどねっ!先人が作ったレシピを使って料理を作れば、誰でも失敗せず、おいしい料理を作れるのと同じで、先人が作った営業のノウハウやテクニック{
つまりレシピ}を使って営業を行えば、誰でも失敗せず、営業を成功させることができるもの。だからノウハウやテクニックは料理でいうレシピなのね。」


仙「うむ。レシピは確かに便利じゃ。レシピ通り料理を作れば、
物理学の法則が働き、誰でもおいしい料理を作ることができるんじゃ。同じことをすれば、同じ結果がでる。・・これすなわち物理学の法則じゃ。」


男「うん。先人が培ったレシピ{
つまりノウハウやテクニック}万歳だよ!」


仙「ただし・・レシピ{
ノウハウやテクニック}が機能するには条件があっての・・。・・例えばピーマンの温野菜をレシピを使い、作るとするぞい。」


子「うん。そのレシピが機能する条件ってなに?」


仙「{
同じ人間が、同じピーマン(産地や品種等)を使い、同じ気象条件(温度や湿度等)のもと料理を作る}という条件じゃ。・・つまり例えレシピ{ノウハウやテクニック}を高い値段を払い手に入れ、レシピ通りピーマンの温野菜を作っても、作る人間や、ピーマンの産地、気象条件などが違えば、当然、微妙に味等違うピーマンの温野菜になってしまうんじゃ。それも物理学の法則が働いた当然の結果じゃ。」


男「まあ・・・確かに・・。でもそんなにたいした違いには、ならないんじゃないですか?」


仙「うむ。ピーマンの温野菜の場合はの。ピーマンの温野菜の場合は
メンイがピーマンじゃからレシピ通り作りやすいんじゃ。・・しかし営業の場合は例えレシピ{ノウハウやテクニック}通りに営業を行っても、成功するとは限らんのじゃ。なぜならメンイが人間・・ピーマンではなく、人それぞれ生まれ(産地)も性格(品種)も全然違う人間じゃからの。物理学の法則に従えば、全然違う人間が1つの同じレシピ{ノウハウやテクニック}を参考にして営業を行った場合、当然、全然違う結果になるからのう。」


子「・・じゃあ、人から教わるレシピ{
ノウハウやテクニック}は役に立たないっていうの?」


仙「うむ。まあ参考にする程度じゃのう。世の中にはレシピ{
ノウハウやテクニック}本がたくさん売られておるが、本が書かれたときとは気象条件(景気や時期等)も違うからの。・・結局、自分にとって使える営業ノウハウ・テクニックは、自分で実践の中から見つけるしかないからのう。」


男「じゃあ、自分で失敗を覚悟で現場で実践を積むしか方法はないんですか?」(失敗の真実


仙「うむ。それが基本じゃ。・・始めは上手くいかんことも多いじゃろうがの。。」


子「え~、そんな~。せっかくここまで
読んだのに~。。せめて1つで良いから営業スキル(腕)上達の極意を・・。私はできる営業マンになりたいの。。」


仙「
(読んだ?)う~む。。ないこともないんじゃが・・(チラっチラっ)」


男「(はっ!)そういえば、仙人。僕、おみやげもう1冊もってきているんですよね~。。」


仙「なにいぃっ!?」


子「
(?札じゃなくて冊?)


仙「ゴホンっ。では、営業スキル(腕)上達の極意じゃが・・。それは
じゃ。営業スキル(腕)上達の極意は数多くの人に営業を行うことなんじゃ。」


男「え~。。根性論ですかぁ。僕、草食系だから根性論はあんまり・・。もっと{成約率を上げるプレゼンの仕方}とか{客に好感をもってもらえるトーク術}とか、そういう極意を知りたいんですけど・・。」


仙「うむ。じゃが{成約率を上げるプレゼンの仕方}や{客に好感をもってもらえるトーク術}はほどほどで良いのじゃ。ある程度の基本のレベルを超えておれば。。」


子「それはどうして?{成約率を上げるプレゼンの仕方}や{客に好感をもってもらえるトーク術}は大切なんじゃないの?」


仙「うむ。特に初心者ほどソレら
見込み客に会った後のスキルに関心を持ちがちなんじゃ。確かに見込み客に会った後の、契約の成約率が高い方が営業成績の効率が良いからのう。しかし、お主らがどんなに見込み客に会った後のスキルを磨いて、最高に成約率が高くなっても上限3割りで頭うちなんじゃ。」


男「それはどういうことですか?」


仙「お主が{成約率を上げるプレゼンの仕方}を極め、{客に好感をもってもらえる喋り方}を身につけたとしても、10人に営業をかけたら、最高で3人までしか契約を決めることはできんということじゃ。確率的にの。」


子「何故?」


仙「{どういったプレゼンを良いと感じるか?}や{どんな喋り方に好感をもつか?}は、人それぞれ違うんじゃ。・・人それぞれ好みや感じ方が違うから、今現在
一夫一婦制が成り立っておるのじゃ。じゃから、見込み客に会った後のスキルをどんなに高めても、10人中、3人に契約をとるのが精一杯じゃ。他の7人は、お主のプレゼンや喋り方には好感や興味をしめさず、他の営業マンから買うわい。お主がどんなに努力をしてものう。。」


男「それはどうしてですか?努力をすれば、・・最善を尽くして熱意をもって営業をすれば、成約率は上がるんじゃないんですか?」


仙「うにゃ、無理じゃ。世の噂に騙されちゃいかんぞぃ。ワシも色々試したが、客に会った後にいろいろと工夫や努力をしても無駄じゃった。・・買う人はワシから買うし、買わん人はワシがどんなに最善を尽くして熱意をもって営業しても買わんのじゃ。・・じゃからの、みんなに好かれたいと勝率10割を目指すところが、そもそもの間違いの元じゃ。」


子「ちょっと、努力を否定するわけ!?営業仙人だからって言いたい放題言いすぎじゃないかしら!?」


仙「ワシは努力を否定しているわけじゃないのじゃ。・・
他人のコントロールを努力の力で試みることに対して無理・無駄じゃと言っておるのじゃ。・・他人のコントロールは無理じゃからの。他人のコントロールは一時的には小手先のテクニック、{メリットで}{デメリットで}{優越感で}{期待をかけることで}{道徳心で}{お金で}{性で}{弱みを握ることで}{暴力で}{恐怖で}などを使えば可能じゃが、それは1時的なものでしかないんじゃ。そしてその一時的な小手先のテクニックを用いた他人のコントロールは必ず歪みを生むのじゃ。」


男「・・他人のコントロールをなんとかして試む・・・・つまり{買う・買わない}の、
‘お客さんの意思’のコントロールを試みようとする行為は、自分自身にもお客さんにも必ず歪みを生む・・。」


仙「うむ。じゃから数なんじゃ。じゃから数多くの人に営業を行うしかないんじゃ。他人のコントロールが可能であるならば、見込み客に会った後のスキルを高めることに精をだし、成約率を上げる努力をすれば良いんじゃが、他人のコントロールは無理なんじゃ。お主に好感を持たない人は、好感をもたんのじゃ。お主から買わんのじゃ。・・じゃが数多くの人に会えば、必ずお主から{買う!}というお客さんも現れるんじゃ。・・で、仮に客に会った後のスキルがなく、成約率が低く10人中、1人しか契約が取れんとするの。」


子「うん。」


仙「その成約率でも100人に営業すれば10人のお客さんがお主から買ってくれるんじゃ。小手先のテクニックによる、他人のコントロールを試みることなくの。じゃからお主もお客さんもHappyじゃ。・・・そして、成約率のコントロールは他人(客)の意思が大きく絡むからコントロールが難しいが、お客に数多く会うことは自分でコントロールしやすいんじゃ。」


子「・・つまり、客に数多く会うことによって分母を増やし、10人中1人の成約で、100人中10人、200人中20人、300人中30人と分母の数を増やすことで、成約
を高めるのね。成約はそのままで。。」


仙「うむ。それが
できる営業マンの思考回路じゃ。アナログで根性論に聞こえるじゃろうが、ソレが結局1番効率が良いんじゃ。なぜなら、<お客がモノを買うかどうか?>はお主のスキルや頑張りよりタイミングの方が影響が大きいからじゃ。」


男「営業マンの営業スキルより、タイミングの方が重要?」


仙「うむ。お客はセールストークでガンガン口説かれても、{モノを欲しい!}と思っていなかったら買わんのじゃ。じゃが、お客は{モノを欲しい!}と思ったら、セールスなんかされなくてもモノを買うのじゃ。」


子「まあ確かに・・。」


仙「そして、{モノを欲しい!}と思っているお客にタイミング良く会うには、結局数多くの人に営業していくしかないのじゃ。数多くの人に営業していけば、丁度{モノを欲しい!}と思っているお客にタイミング良く出会うこともでてくるからのう。」


男「う~ん。タイミングの観点からもやっぱり数なんだ。。」


仙「うむ。そして、数多くの人に営業を行い実戦経験をつめば、お主にとっての営業のレシピ{
ノウハウやテクニック}が見つかってきて、成約も少しずつ上がってくるのじゃ。・・そして、コツコツと現場で営業実践を積んでおると、ある日ターニングポイントを向かえるんじゃ。」


子「ターニングポイントを向かえる?」


仙「そうじゃ。自分の営業マン経歴における
キーマンのお客と出会い、お付き合いをすることになる日がくるんじゃ。そのキーマンの客と出会うことで、自分の営業スキルや営業に関する自信が跳ね上がり、一気に営業のレベルアップをする日がくるのじゃ。・・不思議とのう。。」


男「ふーん。。じゃあやっぱり、営業スキル(腕)上達の極意は数多くの人に営業を行うことなんですね。」


仙「そうじゃ。それと、最後にもう2点。。真面目に、、できる営業マンになりたく、かつ、お主らが営業初心者の場合、、最低3年は費やすプランを立てぬとのう。」


子「えぇ~。。私3年も、頑張れない。。」


仙「ふぉっふぉっふぉ。皆、ラクしてすぐに結果がでることを望むからのう。しかし、一時的に卑怯な手で一瞬だけの結果を得るのではなく、長く続く結果を得たいのならそのくらいはかかるわい。できる営業マンになるということは、手に職をもつことなんじゃ。良い従業員になるために義務教育で9年、高校で3年も費やすんじゃから、営業という手に職をもつには3年はかかるじゃろ?」


男「そりゃ~、確かに。。・・ラクしすぐに身に付く職業スキルなんてないよな~。。」


仙「うむ。じゃが逆に、時間を投資し、1度しっかりした営業スキルを身につければ、それはずっとお主の財産・資産になるんじゃ。営業スキルは1度身につけたら、
一生モノじゃからのう。」


子「でも、そうね~。ぶっちゃけ、ゼロから営業を学ぶんだったら、3年くらいは必要よね。。じゃなかったら日本中、今頃できる営業マンで溢れかえっているわ。実際できる営業マンなんてのはホンの数%みたいだし。」


仙「そうじゃのう。。それともう1点。・・・誰でも努力したからとて、営業で良い結果を残せるわけではないからの。{努力すれば誰でも・・}なんて言葉に騙されるでないぞ。人にはセンスや向き・不向き、、、そして
運命というものがあるからのう。」


子「え~、運命?これまたオカルトね。営業仙人さん。」


仙「まあ一般的には‘運命’なんてものは頭ごなしに否定するものじゃが、・・‘人間’や‘人生’、‘現実’‘宇宙’などについて、つきとめればつきとめるほど、{運命}というものを無視できなくなるんじゃ。・・・まあとりあえず、人にはセンスや向き・不向き、、、そして運命があり、誰もがどんな分野でも良い結果をだせるわけではないことを、憶えておくがよい。」


男「ふーん。。」


仙「・・これで営業スキル(腕)上達の極意の話は終わりじゃ。・・ワシはさっきから、
猛烈に、家に帰って1人になりたいのじゃ!・・わかるじゃろ?察してくれいぃ。。」


子「?」


男「わかります。わかりますよ、仙人。」


仙「うむ。では、営業嫌いで辞めたい男と、初心者の娘さん。できる営業マンになれるよう、健闘を祈るわい。ふぉっふぉっふぉ。それじゃあのう~。
(バタバタバタ・・)


子「・・・、あ~。。仙人のクセにバタバタと慌てて
走って帰っていっちゃった・・。仙人としての威厳ないわね~。。。」


男「うん(笑)まあでも、営業スキル(腕)上達の極意を聞けたし良いんじゃない?これで僕も営業を嫌いで辞めたいなんて思わないで良いし・・」


子「私も脱、営業初心者ですものね。・・ところでお土産はなにをあげたのかしら・・」







★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
モテ恋愛の極意 ノウハウ・テクニック 無料
アフィリエイトの極意 ノウハウ・テクニック 無料
ジャグラーの勝ち方 極意 ノウハウ・テクニック 無料





for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方

~婚活・結婚関連記事~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備