失敗しないコツ   

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

失敗の真実

失敗の真実
失敗は誰しもが嫌なこと。
しかしなにかを学んだり、成功させたい場合に失敗なしなんてあるのでしょうか?
失敗の真実  物語の始まり。

人間
失敗の真実

バス子「バス男さん知ってる?‘婚活’って言葉。」


バス男「知ってるよ。結婚活動のことでしょ?」


バス子「バス男さんも知ってるんだ。」


バス男「そうだね。」


「ねぇ、私達は、彼女や彼氏を作るための方法なんて、教えてもらってないものね。でも婚活が必要・・」


「そうだね。学生の頃は、恋愛スキルの上げ方の授業や、正しいデートの進め方の授業なんてなかったよね。だから僕は、恋愛で失敗するのが恐いんだ。だって、女の子へのメールの返信や、デートなどにおいて、どうして良いかわからないから失敗しそうなんだもん。失敗したら、嫌われそうだし、ダサいし、恥ずかしいし・・。」


「まあ、そうねぇ。失敗は恐いよね。でも、だからってなにもしないと、彼女は出来ないし、デートの進め方なんかも学べないわね。」


「う~ん。そうだね。じゃあどうやって学べば良いんだろう?」


「・・っあ!そういえば、バス男さんは釣りが上手じゃない。釣りなんて学校じゃ教えてもらわないのに、釣りはどうやって学んだの?」


「そんなの、ガチンコで手探りでだよ。まあ、他の人に教えてもらったり本読んだりもしたけど、とりあえず何回も釣りに行く中で、だんだんと学んでいったんだよ。」


「ふ~ん、そうなのね。失敗することってあった?」


「そんなの、始めの内は失敗だらけさ。糸の結び方なんてところから失敗してたよ。まず、釣り道具はなにを買えば良いかがわかんないんだから。始めの頃は失敗して、必要のない釣り道具を買ったりもしたもんだよ。」


「へ~。バス男さんは、そうやって釣りを学んでいったのね。」


「そうだよ。ところでバス子ちゃんは、化粧はどうやって学んだの?化粧なんて、学校じゃ教えてもらわないのに化粧はどうやって学んだの?」


「そんなの、化粧なんてやりながら覚えていくに決まってるじゃない。まあ、他の人に教えてもらったり、雑誌よんだりもしたけど、とりあえず何回も化粧をする中で、だんだんと学んでいったわ。」


「ふ~ん。そうなんだ。失敗することってあった?」


「そんなの、始めの内は失敗だらけよ。ファンデなんて、どんな感じでのせるかなんてわかんないんだから。失敗もしたわよ。だいたい、初めは化粧品は、なにを買えば良いかがわかんないんだから。始めの頃は失敗して、必要のない化粧品を買ったりもしてたわ。」


「へ~。バス子ちゃんは、そうやって化粧を学んでいったんだね。」


「そうよ。・・、なにか2人の学び方には、共通点があるわね。」


「そうだね。2人とも、初めのうちは、失敗することを通して学んでいるね。」


「そうね~。」


「もしかしたら、人間は失敗を通してからしか、学ぶことが出来ない生き物なのかもしれないね。」


「そうね。服選び等のファッションにしろ、料理にしろ、仕事においても、初めは失敗するものね。車の運転なんかも、初めは、教習所でたくさん失敗するものね。で、だんだん運転が上手くなっていく・・。」


「うん。だから人間にとっては、失敗することって、もっと当たり前な自然なものなのかもしれないね。」


「そうね。失敗を通してからしか、学ぶことが出来ないんですものね。なにかを学びたければ、失敗は当たり前な事なのかもしれないわね。もしかしたら、失敗に対して、身構えすぎなのかもしれないわね。」


「うん。もし、人間が、失敗を通してからしか、学ぶことが出来ない生き物なら、失敗って当たり前のことなんだよね。空気吸うようなものだよ。朝起きて、{さあ、今日は意識して、呼吸をするぞ!}なんて思わないもんね。もしかしたら、失敗に対して、意味を持たせすぎているのかもしれないね。」


「そーね~。」


「なにかを学ぶ時、なにかを上手くなりたい時、なにかを達成したい時、例えば{化粧を上手くなりたい}、{彼氏、彼女が欲しい}、{仕事が出来るようになりたい}って思う場合、要は、なにかを成功させたいって思う時ってあるよね?」


「この例えだと、{化粧が上手くなること}、{彼氏、彼女ができること}、{仕事が出来るようになること}が、成功するってことよね。あるわ~。」


「うん。で、これをパズルに例えてみるよ。①」


「成功パズルね。このパズルを完成させることが、すなわち{成功した!}ってことね。この成功パズルを構成するピースには、どんなものがあるのかしら。」


「この成功パズルを構成するピースには‘失敗’って書かれたピースが、結構あるんだ。②」


「ホントだ~。」


「しかも、この‘失敗’って書かれたピースは、成功パズルの端っこ部分に位置するピースなんだ。ということは?」


「・・、成功パズルを完成させたければ、失敗ピースは避けて通れないってことね。だって失敗ピースも、成功パズルを構成する、必要不可欠なピースですもの。」


「そうだね。失敗ピースが恐いからって、失敗ピースを恐れて、失敗ピースに触らなければ、何時までたっても成功パズルは完成しないよね。」


「それに、失敗ピースが、成功パズルの端っこ部分に位置するピースなんだから、初めのうちは、失敗ピースと格闘するしかないわね。だっていきなり、真ん中部分からパズルを組み立てるわけにはいかないですもの。」


「うん。初めのうちは、端っこ部分から、成功パズルの完成に向けてやっていくしかないよね。だから、初めのうちは失敗ピースを多く扱うしかないんだ。」


「そうなのね~。」


「うん。でね、初めのうちに失敗ピースをどんどん埋めていくと、次はだんだんと、どうなっていくかな?」


「次は・・、失敗ピースを扱う機会はグンと減るわね。だって、もう初めに失敗ピースは埋めてしまったんだから。」


「そうだね。そして、ピースの残りが少なくなると、成功パズルが完成するスピードは、どうなるかな?」


「早くなるわね。だって、残りのピースが、限られているんですもの。・・。そっか!物事が成功するのって、このパズルの例に似ているわね。」


「そうだね。なにかを成功させたければ、初めのうちは、失敗して、失敗から学ぶしかない。」


「そして、失敗する時期が終わると、後は、成功までは早いと・・。」


「そういう事だよね。」


「じゃあ、他人の話を聞いたり、文章で読んだりして学ぶのもアリだけど、自分で、やってみて、失敗を通して学ぶのもアリね。失敗を恐いと思わなければ・・。」


「うん。人間はずっと{失敗はしてはいけない!}って環境で生きてきているからね。」


「そうね。学校でも、職場でも、失敗したら怒られるものね。」


「そうだね。それは仕方のない事なのかもしれないけど、心のどこかで、{人間は、失敗を通してからしか、学ぶことが出来ない生き物なのかもしれない}ってことを、憶えておくのも、良いのかもしれないね。」


「そうね。恋愛も失敗から学んでいけば良いもんね。それに、新しい職場や、部署になった時は、失敗して当たり前よね。そして、失敗から学べば良いんですもんね。」


「そうだよ。失敗を過剰には恐れることなく、楽しく生きていけるといいよね。・・よし!じゃあ次の記事にいこうか。」








失敗が恐い①
「人間は、初めのうちは、失敗することを通して、学ぶ」
失敗が恐い②
「成功パズルを完成させたければ、失敗ピースは避けて通れない。失敗ピースも、成功パズルを構成する、必要不可欠なピースだから」
失敗が恐い③
「失敗する時期が終わると、後は、成功までは早い」





【合わせて読みたい】
4次元世界 現実の真実 タコとクモ
状況を変える方法
断つ勇気・決断するコツ
現実の仕組み・関心
他人の現実と自分の現実 違う理由
営業マンの極意 ノウハウ・テクニック 無料
モテ恋愛の極意 ノウハウ・テクニック 無料
アフィリエイトの極意 ノウハウ・テクニック 無料
ジャグラーの勝ち方 極意 ノウハウ・テクニック 無料