決断するコツ  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

断つ勇気・決断するコツ

断つ勇気・決断するコツ
決断という字は「決めて、断つ」と書きます。
決めることはできるが、断つことが難しい。
断つ勇気・決断するコツ  物語の始まり。

人間
断つ勇気・決断するコツ

バス男「う~ん。う~ん。う~~ん。」


バス子「バス男さん、どうしたの?うん、うん、言っちゃって。」


バス男「あ、バス子ちゃん。大問題が発生したんだよ。」


バス子「なぁに?」


「いや、それがね、今日、釣りに誘われたんだ。」


「あら、良かったじゃない。」


「でもね、今日、ゴルフにも誘われたんだ。それで、どっちに行こうか迷っているんだ。」


「あっそ。どうでも良いわね。それで、どっちに行くの?」


「うん。釣りは好きなんだけど、ゴルフも捨てがたいし・・。どうしよう?」


「釣りに行けば良いじゃない。」


「でも、もしかしたら、ゴルフで高スコアがでるかもしれないんだよ。」


「じゃあ、ゴルフの方に行けば良いじゃない。」


「だけど、釣りに行けば、大物が釣れるかもしれないよ。」


「それはないわね。」


「いんだよ。う~ん。どうしよう?」


「早く決断しなさいよ。今日でしょ?決断力のない男ねぇ。」


「う~ん。しかし、どうして決断って、こんなに難しいんだろう?」


「そうね~。私は優柔不断な方だから、いつも決めきらずに迷ってしまうわ。レストランに行っても、メニュー表を見ていつも迷っちゃうもの。」


「それは、バス子ちゃんが食い意地張ってるからだよ。{あれも食べたい、これも食べたい}って思うからだろ?」


「だって、全部おいしそうなんですもん。でもだからって全部食べるわけにはいかないものね。」


「そうだね。一回の食事で{すべてのメニューを食す}って経験はできないよね。」


「そうね。」


「・・。そっか!僕らの人生もそうなのかもしれない。」


「なにが?」


「一回の人生で{すべての人生メニューを食す}って経験はできないよね。」


「まあねぇ。そりゃあ、時間に限りがあるんだもの。長くても100年の人生。すべてを経験する時間なんて、とてもじゃないけど、そんなに時間はないわ。遠洋漁業の船長の人生と、競輪選手の人生、両方を一回で経験するなんて出来ないわ。」


「そうだね。人間は{すべてを経験する}って時間は持ち合わせていないんだ。ということは?」


「う~ん。すべてを経験している時間はないんだから・・、自分が経験したいことを選ばないといけないわね。レストランでの、食事メニューでも、すべてのメニューを食べるわけにはいかないから、どれを食べるかを選ばないといけないわね。」


「そうだね。そこで問題になるのが{あれも食べたい、でも、こっちも食べたい}ってやつだよね。」


「そうね。両方捨てがたいものね。でも、往々にして、どっちか一方を選ばないといけないことってあるよね。」


「うん。今日の、僕の予定だってそうだよ。どっちか一方を選ぶ時に{こっちが良い!}って決めることは結構出来るんだけど、もう一方の方を、諦めることが難しいよね。」


「そうね。両方捨てがたいからこそ、迷っているんだすもの。諦めることって難しいわ。」


「そうだね。だから決断って字は、{決めて、断つ}って書くのかもしれないね。決断っていうのは、1つに決めて、他の候補は断たないといけない、諦めないといけないだ。」


「なるほどね~。そして大抵の場合、決断の{決める}って方は結構簡単だけど、{断つ}って方が難しいのね。恋愛なんてのも、そういうとき多いわよね~。」


「そうだね。逆を言えば、残り1つまで、他の候補を{断つ}ってことさえ出来れば、自然と1つに決まるよね。」


「そっか~。他は{断つ!}ってことが、決断めるときのポイントなのね。」


「うん。人生においてもそうなんだよ。僕らの{人生は選択の連続から成り立っている}って言うしね。」


「そうね。一瞬、一瞬、{他は断って、1つに決める}ってことの連続で、私達の人生は形成されているものね。だから、他は断つ、断つ、断つ、断つ・・、他は諦める、諦める、諦める、・・、で、人生は作られていくのかもしれないわね。それが良い、悪いは別として、ただ単純に、他は断たないと、諦めないといけないのね。」


「そうだね。1つに決めて、他は断てる勇気が必要なのかもしれないね。」


「そっか~。ところでバス男さん。」


「なんだい?」


「今日は、どっちを断つことにしたの?」


「今日はね、とりあえずゴルフに顔を出して、それから釣りに行くことにしたよ。だって、両方捨てがたいんだもん。」


「・・そう。」








決断力①
「人間は、すべてを経験するって時間は持ち合わせていない」
決断力②
「すべてを経験している時間はないんだから・・、自分が経験したいことを選ばないといけない」
決断力③
「決断という字は、{決めて、断つ}と書く」
決断力④
「他は{断つ!}ということが、決めるときのポイント」





【合わせて読みたい】
4次元世界 現実の真実 タコとクモ
状況を変える方法
失敗の真実
現実の仕組み・関心
他人の現実と自分の現実 違う理由
営業マンの極意 ノウハウ・テクニック 無料
モテ恋愛の極意 ノウハウ・テクニック 無料
アフィリエイトの極意 ノウハウ・テクニック 無料
ジャグラーの勝ち方 極意 ノウハウ・テクニック 無料