重い彼女と依存心  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。恋愛人生世界お金 に関する ためになる話

重い彼女と依存心

女性の自立度と依存度を見抜くには?方法。重い彼女と依存心。恋愛・婚活講座。

重い彼女と依存心


1.重い彼女と依存心
①彼女が重い・・別れたい!
■男性の悩みの1つが、「彼女が重い・・付き合うのに疲れる」といったものですよね。
重い彼女と付き合いますと、彼女の重さに耐えきれずに、彼氏側が疲れきってしまい・・喧嘩が増え、男女とも嫌な想いをすることになる場合もあるようです。

では、重い彼女ではない女性と交際していくためには、どうすれば良いのでしょうか?
そのためには、{女性の依存度と自立度}をチェックしていく目を養っていく必要がありそうです。


②女性の依存度と自立度~重い彼女と依存心~
■男性にも女性にも、自立度が高い人と、依存度が高い人がいますよね。
依存度が高い女性と交際をしますと、彼女が彼氏に、どんどん依存するようになっていき、彼氏は「彼女が重い・・付き合うのに疲れる」ということになるようです。

さて、女性の依存度というのは、付き合う前に、ある程度見抜くことができそうです。

事前知識として、親の育て方を見てみましょう。
親というのは、自分の子に対する育て方が、男の子と女の子、それに1人1人の個性によって変わっていくようです。
基本的に親の多くは、男の子には、自立するよう促し、精神的にも経済的にも、男の子には手助けをしないようです。
「男なんだから、自分で自立して、自分でやっていけ!」とする親は多いですよね。
そのため男の子は、親から援助してもらえないため、必然的に、経済的にも精神的にも、自立していき自立度が高くなる傾向があるようです。
また、女の子でも、もともと自立心が強い女の子に対しては、親は男の子と同じような育て方をする場合が多いようです。
自立心が強い女の子に対しては「この娘は、しっかりした子だから、手助けしなくても大丈夫。」と、親は援助しないわけですね。
親からの手助けがない、その女の子は、必然的に、経済的にも精神的にも、自立していき自立度が高くなる傾向があるようです。

一方、普通の場合、親は女の子に対しては甘くなってしまい、甘やかして育てるケースも多いようです。
そのため女の子は、精神的に親に依存しながら生きていくことになります。
社会人になった後も、親は可愛い娘に苦労させたくないため、精神的にも経済的にも、娘を援助し続ける場合もあるようです。
「父親が、娘の就職先探しを手伝ってあげる。」
「娘の携帯電話料金を、親が払い続ける。」
「娘の車購入資金を、親が援助する。」
「娘には良い部屋に住ませたいから、親が家賃を援助する。」

このように、精神的にも経済的にも、子供の頃からずっと援助を受け続けた娘は、自立する機会を失ってしまいます。
すると、1人で自立して生きていく自信をもてない、依存度の高い女性となってしまう場合もあるのかもしれません。
この場合、女性自身が悪いのではなく、親の育て方に問題があるのかもしれません。


さて、こういった親の育て方の面がありますので、女性に限った話ではありませんが・・女性の中には、精神的にも経済的にも、誰かに強く依存してしまう人もいるようです。
そのような女性は、付き合った彼氏にも強く依存してしまうことがあり、彼氏は「彼女が重い・・付き合うのに疲れる」となってしまうこともあるようです。
自分1人が立って人生を歩いていくのも大変な面があるのに、彼女に依存され重く寄りかかられると、彼氏の方が、彼女の重さを支えきれなくなってしまうわけですね。

依存度の高い女性は、以下のような傾向があるようです。

①実家暮らし
→人間という生き物は、他の動物と比べますと、親離れが遅い生き物ですよね。
そして人間という生き物は、親から精神的にも経済的にも、完全に独立したさいに、初めて自立することになるようです。
現在社会では、年齢的に社会人になれば自立するわけでは、なさそうです。
社会人になっても、親に精神的にも経済的にも、依存し続けている場合も多いようです。
社会人になっても{実家に暮らす}ということは、一見、家賃も節約出来て合理的なように思えますが、見方を変えると、依存がある場合も、あるのかもしれません。
特に、実家にお金もいれず、料理も洗濯も掃除も、母親にしてもらっている場合、依存がある場合も、あるのかもしれません。

親に依存している度合いが強い女性ほど、実家暮らしのケースが多くなり・・精神的にも経済的にも、自立度が高い女性ほど、1人暮らしをしているケースが多くなるようです。
そのため、重い彼女ではない女性と交際していくためには、「1人暮らしかどうか?」も、1つのチェックポイントとなるのかもしれません。

②親の援助を受けている
→1人暮らしをしている女性の中にも、親の援助を受けている女性と、親から援助を受けていない女性がいるようです。
1人暮らしをしていて、一見、自立度の高い女性に見えても、
「娘には良い部屋に住ませたいから、親が家賃を援助する。」
「敷金、礼金、引越し代などは親が出した。」
「母親が定期的に来て部屋を掃除してくれる。料理を作ってくれる。」
など、実際は親に依存しながらの1人暮らしである場合もあるようです。

通常、親からの援助を受けていることは、他人に言わないものですから、あとは雰囲気で見抜くしかなさそうです。
人にはやさしいのに、自分には厳しい女性や、やさしい目をしているのに、どこか覚悟や決意が垣間見れる発言をする女性は、1人暮らしをしつつ、親から援助を受けていない自立した女性である場合が多く・・そのような女性と交際しますと、「彼女が重い・・付き合うのに疲れる」と、なることは少ないようです。彼女が、自分の足でしっかりと立っているからでしょう。

③精神的に親を頼っている
→なにかあると、すぐにお母さんに相談したり、母親が1人暮らしの娘の部屋に定期的に来て部屋を掃除していたり、いつも母親と買い物に出かけたりしている女性の中には、精神的に、親に依存している女性もいる場合があるようです。
「困った時に、誰に相談するか?」
「悩む問題を、誰に相談するか?」
「お金の問題を、誰に相談するか?」
などによって、彼女が、誰に、どのように頼っているかが垣間見えてきそうです。
精神的に親に依存している度合いが高い女性ほど、彼氏にも、精神的に依存してしまう傾向があるのかもしれません。

④彼氏がいない期間が短い
→自分の足でしっかりと立っていない場合、「誰かに頼りたい。」となるようです。
すると、その誰か?は、親か彼氏となりますので、依存度が高い女性の中には、彼氏のいない期間が短い女性もいるようです。
精神的に自立できていない場合、彼氏と別れた後、精神面が不安定となりますので、精神面の安定を求める形で、すぐに彼氏を作ろうとする場合もあるようです。
だからこそ、彼氏がいない期間が短くなり、交際人数も増えていく傾向にあるようです。


③まとめ~重い彼女と依存心~
■男としては、彼女のことを支えてあげたい気持ちがあるのですが、彼女が重すぎる場合は、支えきれずに共倒れとなってしまい、2人ともが苦しむことになってしまいますよね。
付き合った後から、彼女の依存度・自立度を変えていくのは、難しい場合もあるようです。
他人は、コントロールすることが出来ませんから。

そのため、付き合う前の時点で、彼女の依存度・自立度をチェックしていけるようになりたいものですね。

及び、世の中には{似た者同士が惹かれあう}引き寄せの法則があるようで・・・、自分自身が依存度の高い人間ですと、同じく、依存度の高い異性と惹かれ合うことになる場合も、あるのかもしれません。

自分は「①実家暮らし」でしょうか?
自分は「②親の援助を受けている」でしょうか?
自分は「③精神的に親を頼っている」でしょうか?
自分は「④恋人がいない期間が短い」でしょうか?


心の仙人/仙女修行をとおして、コツコツと自立心/自立度を育てていけると良いですよね。


~重い彼女と依存心~
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむふむ。」


バス子「恋愛や婚活が上手くいくといいわね。」


仙人「素敵な交際となるといいのぉ。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
女性が喜ぶセリフ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方
重い彼女と依存心
価値観の違いを見抜く方法
男と女の脈あり態度