デート代は割り勘?婚活編 

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。恋愛人生世界お金 に関する ためになる話

デート代は割り勘?婚活編

■デート代は割り勘?男が多めに支払うべき?デート代に関する考え方/婚活編。

デート代は割り勘?婚活編


1.デート代は割り勘?婚活編
①婚活でのデート代はどうすべき?
■結婚を意識し始めた結婚適齢期の男女の、デート代について、考えてみようと思います。

現代社会では、結婚前の男女間の年収の差は「男だから多い/女だから少ない」という男女差よりも、個人差の方が大きいですよね。
日本では{卒業時に、どこに就職したか?}で年収が決まる傾向があるようです。
卒業時に、収入の多い職に就職できるか?は、男女差で決まるというより、学歴で決まり、学歴は男女の違いよりも「学生時代、コツコツと勉強を頑張ったか?」で決まるので、男女差は、あまりないのですね。

そのため、20~30代の独身男女では「男の方が収入が多い」というわけでもありませんよね。
同じような職種の、同年代の男女では、年収の差がほとんどないものです。

そしてだからこそ、男女平等教育を受けて育った男性達は「年収がそんなに変わらないのに、どうしてデート代は、男が負担しなければならないんだ?」と、内心思っている場合もあるようです。
また、男性達がそのように考える理由には、女性の中にも「デート代は、割り勘でしょ?」と考え、デート代を出す女性が増えてきている現状があるからかもしれません。

女性にも、個人差がありまして・・「デート代は、男性が全額出して当たり前でしょ?」と考える女性もいますし「デート代は、割り勘でしょ?」と考える女性もいるようです。

男性達は、女性達と接する中で、
「A子さんは、デート代を割り勘してくれていたのに、C子さんは、まったく出す気がないんだ。」
「先日の合コンした女性グループは、当たり前のように男性が全奢りだったけど、今日の合コン相手の女性達は、お金を出してくれるんだな。」
などと、{お金を出してくれる女性}と{お金を出さない女性}を知っていくことになります。

女性達皆が、「デート代は、男性が全額出して当たり前でしょ?」と考え、女性皆がデート代を出さないのであれば、男性達も、{デート代は男が奢って当たり前}と考えるようになるでしょうが・・デート代を当然のように出す女性も増えてきているだけに、男性達は、デート代を出さない女性に不満をもつことが増えてきているようです。


そもそも結婚すれば、彼氏(夫)のお金も彼女(妻)のお金も、違いがなくなります。
結婚すれば、夫婦の財産とみなされるようになるため、「どちらがデート代を出すか?」などの問題は、なくなるのですね。
所得額も夫婦合算で考えるようになりますし、支出額も、夫婦合算で考えるようになりますから。

ですから、そのような意味でいえば、婚活中の男女が結婚前提でお付き合いしている場合・・男性側が「どうして、デート代を、俺が多く出さなきゃいけないんだ?」と考えることも、女性側が「デート代は、男性が全額出して当たり前でしょ?」と考えることも、結婚した後のことも考えれば、おかしな話にもなってくるのかもしれません。

2人が1年後に結婚して、2年後に、伴侶が病気になって、長いこと働けなくなったとします。
その場合、伴侶の生活費を、もう一方が当たり前のように全額負担することになります。
夫が病気になれば、妻がせっせと働き、夫の生活費を全額負担するようになりますし、妻が病気になれば、夫がせっせと働き、妻の生活費を全額負担するようになります

結婚すれば、彼氏(夫)のお金も彼女(妻)のお金も、違いがなくなるからです。

そのため、相手のために自分が稼ぐお金の全てを費やす覚悟がなければ、結婚後、お金のことで夫婦喧嘩が起きるようになるのかもしれません。

実際には、まだ結婚はしていないため、男性が全奢りでも、女性との割り勘でも、どちらでも良いでしょう。
しかし、男女とも、相手との結婚を意識しているのであれば、心の中では、
男性→「デート代だけでなく、彼女の生活費全てを、俺がメンドウを見るんだ!」
女性→「彼にもしものことがあったら、私が、彼の生活費全てのメンドウを見るんだ!」
という覚悟を、もっておきたいものですよね。


男性がデート代をケチる場合、女性は「この男性は、私のために、自分が稼ぐお金の全てを費やす覚悟があるのかな?」と、無意識的に不安になる場合もあるのかもしれません。
結婚すれば、彼氏(夫)のお金も彼女(妻)のお金も、違いがなくなります。

そして、妻が妊娠したり、病気になって働くことが出来なくなれば、夫は、自分の稼ぐ全てのお金を妻や子供に費やす覚悟がないと、夫婦関係を維持することが難しいかもしれません。
そういった部分まで女性は結婚前に意識的に、もしくは無意識的に考え、だからこそ、{男性がデート代を出してくれるか?}を見ている場合も、あるのかもしれません。
女性は、デート代をケチりたいからでもないし、男のことをお金のために利用しているわけでもないのですが、{男性がデート代を出してくれるか?}の部分には、男性の誠意や覚悟が現れる場合がありますので、だからこそ・・「デート代は、男性に多めに出してもらいたい」と思う場合もあるのですね。


そのため、結婚を意識している彼女に対して、誠意や覚悟を見せるためには、己の娯楽費を削ってでも、全額デート代を出すようにしますと、彼女からは「この男性と結婚したら、大切にしてもらえそうだ。」と思われ、結婚が1歩近づくことでしょう。

結婚適齢期の、結婚を意識しているカップルにとって、デート代のお金の話は、
「デート代を、どちらが多く支払うか?」
「どっちが、金銭的に得しているか?損しているか?」
などの問題ではないのですね。
どちらにしろ、結婚後には彼氏(夫)のお金も彼女(妻)のお金も、違いがなくなりますし・・「どっちが、金銭的に得しているか?損しているか?」の問題ではなく、{彼のためにor彼女のために一生頑張る覚悟があるか?}の問題だからです。


そしてだからこそ、男性の誠意や覚悟が確信できたなら、今度は、彼女側も、デート代を出すことで、覚悟や誠意を見せると、彼に気持ちが伝わるかもしれません。
彼としても、自分が病気で働けなくなったときになどに、彼女から「お金を稼がないのなら、貴方は利用価値がないから、別れます。」などと言われるのは嫌なことです。
2人ともが、互いに、相手のために頑張りあえるようにしたいものですよね。


②まとめ~デート代は割り勘?婚活編~
■「男性はお金を出す」その見返りとして「女性は○○を提供する」では、互いを利用しあうカップルとなってしまうかもしれません。
この場合、お互いの利用価値のバランスが崩れますと、夫婦関係が悪化することになりそうです。

だからこそ、お金で繋がるカップルや、お互いを利用し合うカップルを目指すのではなく・・愛で繋がれるカップルを目指したいものですよね。

「自分が結婚で楽したいから。得したいから。」という理由にて、結婚するのではなく・・男女とも、相手の幸せのために、自分の人生を捧げる覚悟をもっていますと、2人の愛は月日の経過とともに深まっていき、強固な愛で結ばれるカップルとなっていくようです。


~デート代は割り勘?婚活編~
<writer 名無き仙人>





バス男「デート代かぁ。」


バス子「いろいろな考え方があるのね。」


仙人「男女とも、相手の幸せのために、自分の人生を捧げる覚悟をもっているカップルは、結婚後も良好な関係を築いていくようじゃのぉ。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
女性が喜ぶセリフ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方
重い彼女と依存心
価値観の違いを見抜く方法
男と女の脈あり態度