彼氏・彼女 付き合いを続けるコツ 

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

彼氏・彼女 付き合いを続けるコツ

彼氏・彼女 付き合いを続けるコツ
彼氏や彼女と良い関係のお付き合いを続けたい。誰しもが願うことです。
彼氏や彼女と良い関係のお付き合いを続けるためにはコツがあります。
彼氏・彼女 付き合いを続けるコツ  物語の始まり。

恋愛
・交際
彼氏・彼女 付き合いを続けるコツ

バス子「あら、バス男さん。どうしたの?元気ないわね。」


バス男「ああ、バス子ちゃんか・・。」


バス子「なによ?どうして元気ないのよ?」


バス男「いやあ、ちょっとね、彼女との付き合いが上手くいっていなくて・・。・・彼女との付き合いを続けるためにどうすれば良いか悩んでいるんだ。」


「あらら。どうしたのよ?いったい、なにがあったの?」


「それがね、最近は彼女との付き合いが長くなってきたからか、喧嘩が増えてね。今日も朝から彼女と喧嘩してたんだ。今日なんて、些細なことから喧嘩になって彼女に<こんなんじゃ、別れた方が良いんじゃない?>って言われたんだ。」


「へ~。大変ね。」


「朝、仕事だからってことで、喧嘩の途中で彼女と別れたんだけど、別れぎわに彼女に<私からは連絡をしないから!>って言われてしまったんだ。」


「ふーん。なんかよく聞く話ね~。」


「どうしよう・・。彼女はもう僕のこと好きじゃないのかなぁ。彼女はもう僕と別れたいんだろうか・・?・・彼女との交際を続けるために僕にはなにができるだろうか・・?彼氏・彼女と付き合いを続けるコツがわかれば良いんだけど・・。」


「あら、バス男さん。それはないと思うわ。」


「ん?どうしてだい?バス子ちゃん。」


「女が本気で相手の男に気持ちが冷めて、男に対して見切りをつけたら、遠まわしに<こんなんじゃ、別れた方が良いんじゃない?>なんて言わないし、<私からは連絡をしないから!>なんて発言はしないからよ。女は気持ちが冷めた相手には、もう絡んだりもしないから。」


「ん?ん?いったいどういうことなんだい?僕にはさっぱり意味がわからないけど・・。」


「女が本気で相手の男に気持ちが冷めて、男に対して見切りをつけたら、その時は、淡々と別れ話を始めるし、<私からは連絡をしないから!>だけじゃなくて、<私からは連絡をしないから!そしてあなたも、もう私に連絡をしてこないで!>って言うのよ。」


「ほほう!まあ確かにそうだよね。じゃあ彼女はどうして、<こんなんじゃ、別れた方が良いんじゃない?>や、<私からは連絡をしないから!>なんてことを、言ってくるのかな?」


「あら、そんなの、バス男さんからの‘飴玉’が欲しいからに決まってるでしょ。」


「飴玉?・・、飴玉が欲しいの?10円で買えるけど・・。」


「違うわよ。‘愛という名の飴玉’よ。それは‘言葉の飴玉’のときもあるし、‘態度で表す飴玉’のときもあるわ。バス男さんの彼女は、‘愛という名の飴玉’のおねだりをしてるのよ。」


「じゃあ、彼女は僕に‘愛というなの飴玉’のおねだりをしてるってことかい?」


「そうよ。彼女がバス男さんに<こんなんじゃ、別れた方が良いんじゃない?>なんて言った理由は、そのように言うことで、バス男さんから<ごめんよ。僕が悪かった。機嫌をなおしてくれよ。君がいないと僕は駄目なんだ。>っていう‘愛の言葉の飴玉’がもらえることを期待して言ってるのよ。本気で(別れた方が良いんじゃないか?)って思っているわけじゃないわ。」


「え~!全然気がつかなかったよ。」


「それに彼女がバス男さんに<私からは連絡をしないから!>なんて言った理由は、そのように言うことで、バス男さんの方から<今日はごめんよ!君のことが好きだから、(私からは連絡しないから!)なんて言わないでくれ。>ってメールしてもらうという‘愛の言葉と態度の飴玉’が欲しかったからよ。」


「はぁぁ!そうなんだ。確かに彼女に<私からは連絡をしないから!>なんて言われたら、僕の方から謝りのメールを送るしかないもんね。じゃなかったら、僕らカップルは自然消滅してしまうから・・。まるで、男から‘愛の言葉や態度の飴玉’をもらうために、誘導してるようだね。駆け引きだね~。女の子は‘愛というなの飴玉’が好きなんだね。じゃあ良い関係の付き合いを続けるためには、‘愛という飴玉’をあげれば良いんだ・・。」


「そうよ。例えば彼女に<私のこと好き?>とか<私がいなくなったら寂しい?>なんて質問をされたことはない?(ラブラブな付き合いを続ける方法)」


「そーいえば昨日<私が急に、(他の男と付き合うことになった!)っていったらどうする?>なんてことを聞かれたなぁ。あまり気にもとめずに、<そうなったら嫌だな。>って答えたけど・・。言われてみれば、どうして彼女はそんな謎の質問をしてくるんだろう?」


「それも、そのように質問することで<あぁ、(君のことが)好きだよ>とか<うん。(君がいなくなると)寂しいよ>なんていう‘愛の言葉の飴玉‘が欲しいからよ。その‘愛の言葉の飴玉‘を、思い返しては、また味わってみたりなんてことを女はしてるの。女には‘愛の言葉’でしか、満たされない場所があるから。男はフンフンじゃないと満たされない場所があるのと同じように・・。だから、どうしても彼との交際を続けていく上で、愛の言葉が必要なのよ。たとえ誘導質問のようになったとしても。」


「へ~。男だって彼女との付き合いを続けていく上で、フンフンは必要だものね。じゃあ、女性との交際を続けていく上で、‘愛の言葉’を言うことは大事なことなんだ。僕達日本人の男は、なかなか恥ずかしくて言えないけれど。」


「そうね。‘愛してるよ’‘綺麗だね’‘この料理おいしいね’なんていう‘愛の言葉’を言えるよう、頑張ってみてね。あっ!そうそう。バス男さんは、女は、‘愛の言葉と態度の飴玉’の数と大きさで、男を評価してるって知ってる?このことは女性自身も、あまり自覚がないことなんだけど。」


「えっ!僕は彼女から‘愛の言葉と態度の飴玉’の数と大きさによって、評価されているのかい!?」


「そうよ。」


「ひゃー!恐ろしいなぁ!いったい、どのように僕は彼女から評価されてるの?」


「飴玉1つは1点よ。大きな飴玉(例えば連休に、2人きりの旅行を企画・実行)は10点など、点数が高くなるの。例えば、トイレの便座をおろす・・1点/道路の車側を彼が歩いてくれた・・1点/‘私’の車を洗車してくれた・・1点/お風呂のお湯を溜めてくれた・・1点/あらかじめ車の冷房を入れてくれていた・・2点/彼女が寒そうなとき自分のコートを脱いで彼女に着せてあげた・・3点/私が仕事・プライベートで忙しいときに(大丈夫?)という気ずかいのメールをくれた・・3点/食事のとき‘私’の作った料理に対し、(おいしい。いつもありがとう)と言ってくれた・・5点/‘私’の悩み事を最後まで真剣に聞いてくれた・・5点/週末のデートの企画・実行・・5点/のような感じね。この点数が高ければ当然、彼女のバス男さんへの評価と満足度は高いということになるわね。」


「そうだったんだ。女性がこんな風に、交際中の男を評価していたなんて全然知らなかったよ。これからは、少しは女性の評価を気にしてみようかな。」


「そうね。彼女がバス男さんに<こんなんじゃ、別れた方が良いんじゃない?>や、<私からは連絡をしないから!>なんていう飴玉の欲しがり方をするってことは、だいぶバス男さんの評価が落ちていて、バス男さんに対する不満が高まってる状態ですものね。」


「うん。多分、そうだと思う。。だって最近彼女は小言も多くて・・。」


「あら、バス男さんは彼女に対してちゃんと感謝の気持ちを表してる?女が口うるさいのは‘認めて’のサインよ。」


「ん?いったいどういうことだい?」


「女はね、なかなか認めてもらえる機会が少ないの。例えば家事を頑張ったって、<良い仕事したな!>なんて誰からも言われないでしょ?」


「確かに。。僕の職場の、コピーとお茶酌み担当の事務のおばちゃんも、毎日頑張って働いても、誰からも評価されないし、(お疲れさん・良く頑張っているね)等のねぎらいの言葉をかけてもらえないもんな。」


「そうよ。(私だって毎日頑張ってるのに誰も私のことをちゃんと評価してくれない!)っていう不満が、小言に繋がっているのよ。だから、頑張っていることに対して(ありがとう!・頑張るな~!)などの感謝やねぎらいの気持ちを表してね。」


「そっか。・・思い返してみると、彼女は僕のためにいろいろと、してくれているもんな。よし。さっそく感謝のメールを送ろう!あっ、じゃあ女性が男性と交際を続けていくうえで、気にかけることって、どんなことがあるんだい?」


「まず、彼の隣で自分が幸せでいて、それを態度で表すことね。男は相手(女)を幸せにしてやれてないと思うと気持ちが萎えるの。敗者の気分になるのよ。例えば、浮気・援助交際等で<付き合っていない女>と関係をもっても、相手(女)が罪の意識から、隣で辛そうにしていると、男も幸せを感じることができないから、男からも‘その半端な関係’を切ろうとするの。まあ、1部のアブノーマルな男は‘そのようなシュツエーション’で逆に燃えるようだけどね。」


「うん、確かに。僕も隣で相手(女)が幸せそうにしていてくれたら、嬉しいもんね。男として勝者の気分でいれるもん。」


「それと、男にたくさん‘私’に対する投資をさせることが大事ね。男は投資分を回収しようとする生き物だから。例えば、簡単に手に入ったアクセサリーより、頑張って、やっと手に入れたアクセサリーの方が大事にするでしょ?それと同じよ。詳しくはまた別の機会で話すわ。」


「ふーん。交際を続けるためにも、いろいろあるんだな~。‘恋の駆け引き’や、‘男女の違い’なんかが影響しているのかな?」


「そうね。それよりバス男さん、彼女にメールしてあげたら?」


「あっ!そうだ。すっかり忘れてたよ。ははは。」


「そんなことだから、彼女は不満が溜まるね・・。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏・彼女 付き合いを続けるコツ
好きじゃないけど付き合う 
彼氏や旦那が浮気する心理・理由
彼氏と彼女 喧嘩の仲直り方法





~婚活・結婚関連~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備

for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方