結婚を決断できない理由   

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

結婚を決断できない理由

結婚を決断できない理由
「本当にこの人で良いのかな・・。」
結婚を決断するのは、なかなか難しいことです。人生の一大イベントですしね。
結婚を決断できない理由と、結婚を決断する方法に関する情報。
結婚を決断できない理由  物語の始まり・・。

恋愛
・結婚
結婚を決断できない理由

バス子「だからぁ・・、北海道への旅行なんだから飛行機で行けば良いじゃない?」


バス男「でも飛行機は高いし・・。他の選択肢も検討しようよ。例えば、{新幹線}{高速バス}{自家用車}{フェリー}なんかでも、北海道までの異動手段はあるし・・。」


バス子「まあ、確かに{高速バス}の方が、北海道までの交通費は安くなるわね。でも、{高速バス}に長時間乗るのは疲れるのよね~。{新幹線}は値段高いし、{自家用車}は運転疲れるし、{フェリー}は時間かかるし・・。」


バス男「じゃあ、どうやって北海道まで行く?う~ん・・。僕達はただ、北海道に旅行したいだけなのに、どうしてこんなに悩むんだろう?こんなに悩むなら、もう北海道なんて行きたくないよ・・。」


「・・そうね。・・あ~昔の人は良いわよねぇ。北海道に行くのに、列車しか異動手段がなかったから、悩まず列車で北海道旅行に行けたもの。・・あっ、昔の人だ。」




仙人「ふぉふぉふぉ~。ワシを{昔の人}とは失礼じゃのぉ。ワシはとってもナウい男じゃぞ。しかし、最近の若い人達は大変じゃのぉ。」


(ナウい?)えっ?どうして最近の若い人達は大変なんですか?」


仙人「それは
選択肢が多いからじゃよ。」


「選択肢が多いから大変!?・・選択肢が多いことは、幸せなことなんじゃないの?だって私は{職業をたくさんの選択肢から選べる}ことや{結婚相手をたくさんの選択肢(異性)から選べる}ことは、幸せなことだ!って、教わって育ってきたわ。「昔(江戸時代など)は職も結婚相手も、決められていた」から、今のほうが幸せなんでしょ?」


「ふぉふぉふぉ~。まあ一般論ではのぉ。しかしの、人間の悩み・ストレスの大半は【決断できないことからくる】のじゃ。そして、人間が決断出来なくなる理由の大きな1つが、{選択肢がたくさんある}ことなんじゃよ。」


「{決断できないで迷っている状態}が、悩み・ストレスの原因なの?」


「そうじゃよ。じゃから先ほど、{北海道への異動手段}が決まらず、お主らは悩んでいたじゃろ?そして、{北海道への異動手段}が決まらない原因は、移動手段の選択肢がたくさんあるからなんじゃよ。」


「そうよね。北海道まで飛行機しか移動手段がなかったら、悩まず飛行機で北海道まで行くから、悩みやストレスは感じないわよね。」


「うむ。じゃから一般的には{選択肢が多いことは幸せなこと}{たくさんの選択肢を検討してから選びなさい}などの考え方が一般的じゃが、【選択肢が多いこと】は、【決断できずに悩み、ストレスを感じる機会の増大】を意味するのじゃ。そして、このことは、{結婚を決断できない理由}にもあてはまるのじゃよ。」


「じゃあ、{結婚を決断できない理由}は、選択肢が多いことが原因なの?」


「そうじゃ。昔は、{職場やお見合いなど、ご縁があった異性と結婚}という、単純でシンプルで、選択肢がない状況じゃったから、{結婚を決断できない}なんて悩みは、現在ほどなかったのじゃよ。」


「うん。」


「しかし現在は、男女の付き合いは自由で、結婚前提でない付き合いでも、婚外交渉も自由じゃし、「結婚までに付き合った異性の数は数人~数十人」なんて状況じゃから、選択肢が多いすぎるのじゃよ。何歳で結婚しようが自由じゃし、そもそも結婚するかどうか?も自由じゃしの。」


「 そうだなぁ~。付き合っている異性がいても、「今の恋人と別れたら、もっと良い人と出会って付き合えるかもしれない。」という誘惑はあるもんなぁ。誰と結婚しようが・いつ結婚しようが自由だから、その分選択肢が多く、決断できないのかぁ~。 」


「うむ。そしてその、結婚を決断できない状況は、知らずしらずのうちに、悩みになり、ストレスになるからのぉ。じゃから今の若い人達は大変なんじゃ。結婚に限らず、職選びや生き方も自由じゃからの。選択肢が多すぎて、決断しにくいからのぉ。そりゃあ、現在の若者の引きこもりや鬱も増えるわい。」


「そうよねぇ。・・・案外、「はい。あなたの結婚相手はこの人ね。そして職業はこれ。・・じゃあ後は頑張りなさい。」なんて感じで、誰かが強制的に決めてくれた方が、悩みは減るかもしれないわね。」


「うむ。それじゃったら選択肢がないから、悩まずに済むわのぉ。」


「ふ~ん。じゃあ結婚を決断する方法を教えてよ。悩まず、スパっと結婚を決断するには、どうすれば良いの?」


「それには、3つ、大切なことがあるんじゃ。」


「その3つってなに?」


「1つは【他人と比較しない】ことじゃよ。他人と比較すると、自分より「素敵な相手と結婚していて、恵まれてて良いなぁ~羨ましいなぁ。」と感じる他人も必ずいるし、「自分のほうが恵まれているな。」と感じる他人も必ずいる。じゃから、他人と比較すると感情面での浮き沈みが必ずでてくるのじゃ。感情面の浮き沈みがあると、物事を決断する際の邪魔になるのじゃよ。」


「ふ~ん。「他人と比較しない」かぁ。じゃあ、もう2つめは?」


「2つめは、「自分で責任をとる(どんな結果でも、全部自分で責任をとる)」ことじゃよ。自分で責任とれないことは、決断のしようがないじゃろ?例えば、自分で責任とれないアルバイト店員が、{店舗の売却}に関して、決断できんじゃろ?」


「まあ、そりゃそうね。{店舗の売却}を決断できるのは、{店舗の売却}で仮に損しても、自分で責任のとれる社長だけですものね。」


「そうじゃの。じゃから、「この結婚の結果がどうなろうとも(例えば、浮気されて離婚しても)、その結果の責任は全部自分でとる。」という態度で挑むことが、結婚を決断する上で重要なのじゃよ。」


「じゃあ、3つめは?」


「3つめは「例え、結婚を少々失敗しても、挽回できるスキル」を身につけておくことじゃの。」


「どうしてそんなスキルが必要なの?」


「そりゃあ、仮に結婚を決断するとするじゃろ?しかし、その決断があまり正しくない決断である可能性は、当然あるのじゃ。結婚生活を実際に送ってみなければ、【結婚の決断が正しかったかどうか?】なんぞ、わからないのじゃから。」


「確かに、結婚生活を実際に送るまでは、【結婚の決断が正しかったかどうか?】はわからないなぁ~。」


「じゃろ?じゃから当然、【結婚の決断が少々、間違いじゃった・・。】という可能性は、結婚前には必ず存在するのじゃ。じゃから、「例え、結婚を少々失敗しても、挽回できるスキル」がなければ、結婚の決断は難しいのじゃ。「とたえ失敗しても、とりかえせる!」という自信がなければ、決断なんぞ出来んわい。」


「「例え、結婚を少々失敗しても、挽回できるスキル」って、どんなスキル?」


「それは{自分の内面(心)の、幸せの基準をコントロールするスキル}じゃよ。結局、人間の幸・不幸は、その人の心の中で起きておる問題じゃからのぉ。携帯もパソコンも、車も電気も、ハンバーガーもアイスも、職業選択の自由も結婚相手選択の自由もなかった江戸時代の人々が、不幸な人生か?といえばそうじゃないからのぉ。江戸時代の日本人は、イキイキとしていたそうじゃぞ。海外の文献(江戸時代に日本に訪れた外人が書いた日記など)に、そのことが書かれておる。」


「へ~。じゃあ{自分の内面(心)の、幸せの基準をコントロールするスキル}って、どうやった身につくの?」


「むむ。なんじゃか話が長くなるのぉ。それには心の仙人/仙女修行なども関係するからのぉ。修行をとおして{自分の内面(心)の、幸せの基準をコントロールするスキル}を身につけていけると良いのぉ。」


「はぁ~。やっと終わった。僕は話が難しくて疲れたよぉ~。」









★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備





for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方