価値に対する値段が安い=お買い得  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

価値に対する値段が安い=お買い得

価値に対する値段が安い=お買い得
お買い得とはなんのことを言うのでしょうか?価値と値段の関係。
価値に対する値段が安い=お買い得  物語の始まり。

お金
価値に対する値段が安い=お買い得


※前の章・・・時間を通貨に変える 他人の時間をお金で買う

バス吉「しっかし、どうしたものかな~。この商品券10000円。お!あそこの釣具店、閉店セールをやってる。ちょっと覗いてみよう。お買い得商品があるかもしれない。」


店員「いらっしゃいませー。」


バス吉「うわ~。叩き売りしてるな~。全部すごく安いよ。店側としては、とにかく値段はいいから、処分したいんだろうな。おお!この最高級のバス竿なんてなんと15000円だよ。定価は150000円なのに。普通じゃありえないな。価値に対する値段があっていないよ。安すぎる・・。特にこのバス竿は。残り、1本だけしかないけど。」


店員「お客さん、どうです?今当店、とってもお安くなっていますよ。」


「ですねー。価値に対する値段が安すぎですね。こうゆうのを本当のお買い得!って、言うんだろうな。・・ちなみに逆の、‘価値に対する値段が高すぎ’の場合はボッタクリだよ。。。う~ん。あのバス竿は絶対買っておいたほうがいいよな。この値段で、あんな価値あるものを買えることなんて、そうそうないよ。この店で買って、ネットで転売したら、そうとう、利益でるよな~。今、僕は商品券10000円分もってるけど、あと5000円足りないんだよな。どうしよう・・。」


他の客「お!このバス竿やすくない?本当にこんな値段で売るの?ちょっと、店員さん?これ本当なら、本当のお買い得だよ・・・・。」


「う!他にも、このバス竿の価値に対する値段が安すぎで、本当にお買い得ってことがわかる客が来た。どうしよう。買うなら急がないと・・。僕にはまず服が必要なんじゃないのか?それに借金してまで買うか?でも、・・。この借金は、僕を貧乏にする借金ではなく、金持ちにする借金だものな。趣味で自分で使うバス竿を、借金して買ったら、その借金は、ただ僕を貧乏にする借金だけど、このお店のバス竿を買う為の借金は、僕を金持ちにする借金だものな。転売する予定だし・・。・・よーし。店員さん!」


店員「どうなさいました?お客様?」


「すみません、あのバス竿をください。」


店員「はい。ありがとうがざいます。15000円になります。」


「じゃあ、この商品券10000円と、残りの5000円は・・、今日中に持ってきます。必ず!」


店員「では、お取り置きという形でよろしいでしょうか?」


「はい。5000円、今日中に誰かに借りてくるので、それまで、待っててください。」


店員「かしこまりました。」


・・・・・・・・・・
バス吉「いや~、取り置きには成功したけど、今度は金を集めないといけないな。でも、あのバス竿をゲットした後に、ネットで100000円くらいで売れば・・。ムフフ。お、またバス爺だ。バス爺は、バス釣りが好きだからな。自慢してやろうっと。」


バス爺「おぉ。バス吉。なぜ、ニヤニヤしとるのじゃ?」


バス吉「バス爺!いや~、それがね。あのバス竿が15000円で買えたんだよ!」


バス爺「な、なんと!あのバス竿が!・・、それ、ワシにくれんかの?」


「ば、バカ言うなよ、バス爺。あのバス竿は、150000円の価値はあるよ。ただであげるわけないじゃないか。」


「むむ。ワシは現金の持ち合わせはないからの~。では、わしの昔、証券マンに騙されて買った仙人会社の株券と、そのバス竿を交換してくれんかの?」


「う~ん。その仙人会社の株券は、当時いくらで買ったんだい?」


「100000円じゃ。昔、証券マンに進められて買ったんじゃ。今が底値でお買い得です!っと言われてのう。じゃけどワシは株のことはわからんからのう。よくわからんまま、今までずっともっていたんじゃ。どうじゃ?仙人会社の株券と、そのバス竿を交換してくれんかの?」


「(う~ん。でも確か仙人会社は今業績が良いらしいからな。もしかしたら証券市場では高値で取引されているかもしれないな。)よ~し、いいよ、バス爺。交換してあげる。竿は釣具屋に取り置きしてるから自分で取りにいってね。」


「いいんじゃの?嬉しいのう。ワシには,仙人会社の株券のもっている価値がわからんからのう。ワシにとっては、そんなものより、バス竿のほうが大切じゃわい。ホッホッホ。」


「良かったな、バス爺。じゃあ、この株券もらっていくぜ。じゃあね。」


「うむ。」


・・・・・・・・・
バス吉「ふ~。バス爺のやつ、今頃、釣具屋で僕の代わりに残りの5000円払ってるよ。ふっふっふ。しっかし、仙人会社の株券と交換したけど、仙人会社の株券ってどうなんだろ?しっかりした会社だから、この株券自体は価値があると思うんだけど・・。今現在、どのくらいの値段で取引されてるんだろう?ん?あれは、バスおじさんじゃないか!」


バスおじ「やあ、バス吉。久しぶりだな。」


バス吉「久しぶりです。バスおじさん。」


バスおじ「うむ。ところで、バス吉が手ヒレに持っている紙はいったいなんなんだい?」


「ああ、これですか。これは仙人会社の株券です。」


おじ「ええ!(仙人会社の株券って言ったら、今現在連続ストップ高で、底値の頃から10倍の1000000円で取引されている株券じゃないか!そしてこれからも上がると言われている。どうしてバス吉がそんなものを・・。)」


「どうしたんです?・・ところで仙人会社の株券ってどうなんですかね?」


おじ「(むむ。バス吉は仙人会社の株の値段を知らないみたいだな・・。よ~し・・。)そうだな~。おじさんもあまり詳しくないんだが・・。まあ、そこそこなんじゃないかな~。」


「そうなんですね。」


おじ「ところでバス吉。良かったら、その仙人会社の株券と、ウチの空いている土地交換しないかい?」


「ええ!土地ですか?バスおじさんとこの土地っていったら、あの川沿いの土地ですか?」


おじ「そうだ。どうかな~?」


「(あの土地の値段がいくらかは、わからないけど、あの川沿いの土地は、この株券よりは価値があるだろ。)良いですよ。交換しましょう。ハイ!株券。」


おじ「うむ。じゃあ、土地の名義等の手続きは、私がしておくから。じゃあな。」


「あ、どうも・・。よくわからないけど土地を所有することになっちゃったよ。着ていたTシャツがいつなまにか、土地になっちゃったな~。う~ん。とりあえず続きは、次の章で。」








~本当のお買い得とは?~
価値に対する値段が安すぎ。こうゆうのをお買い得!と言う
借金には、貧乏にする借金と、金持ちにする借金がある





【合わせて読みたい】
通貨とは 偽札と国が発行するお札の違い   
通貨経済の真実
銀行の収入源 錬金術
就職も株も投資
時間を通貨に変える 他人の時間をお金で買う   
通貨と土地を交換
勤労所得・貯金・不労所得 時間軸
営業マンの極意 ノウハウ・テクニック 無料
モテ恋愛の極意 ノウハウ・テクニック 無料
アフィリエイトの極意 ノウハウ・テクニック 無料
ジャグラーの勝ち方 極意 ノウハウ・テクニック 無料