上手に話すコツ 恋愛  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

会話・上手に話すコツ 恋愛/婚活

会話・上手に話すコツ 恋愛/婚活
「異性と上手に会話したい。」そう思っている方もいることでしょう。
異性と上手に会話するにはコツがあります。
会話・話すコツ 恋愛  物語の始まり。

恋愛
・会話
会話・上手に話すコツ 恋愛

バス子「見てみて!バス男さん、あのカップル。男の方がいっぱい喋って、男の方が会話を引っ張っているわね。あの男は、恋愛/婚活での会話スキルが高いんでしょうね。」


バス男「うーん。そうとも限らないけど・・。会話スキルで重要なのは、話す力より、聞く力の方が重要だからね。よく会話スキルの本とかでも書かれていることだけど。」


バス子「そうなの?会話スキルなんて、ペラペラ話せてナンボなんじゃないの?」


バス男「自分と相手のキャラ次第なんだけどね。でも男・女関わらず、聞くスキルは大事だよ。」


「へ~。‘聞くスキル’って例えばどういったことなの?」


「リアクション(相ずち・オウム返し等)と質問力だね。聞くスキル(リアクション・質問力)が高ければ、会話のコントロールが可能なんだ。要は‘聞くスキル’が高ければ、会話の主導権を握れるんだよ。」


「どうして聞くスキル(リアクション・質問力)が高ければ、会話のコントロールが可能なの?」


「それはね、質問内容で会話の内容・方向を決めることができるし、リアクションで会話の‘熱’を左右出来るからだよ。例えば、当たり障りのない会話をしたいときには<明日は晴れるかなぁ?>って質問すれば良いし、相手に異性を意識させたい場合には<どんな(男or女)がタイプなの?>や、<いつから(彼氏or彼女)いないの?>って質問をすれば良いんだ。そして会話を盛り上げたい時には、<そうなの!?>、<すっごーい!!↑↑>なんてリアクションをとれば良いし、会話を切りたかったら<へ~↓↓>、<え?あ、ごめん。えーっと・・、なんの話だっけ?>なんてリアクションをとれば良いんだ。」


「そうね。会話が気まずい方向に行ったら、全然違う質問を<あっ!そうそう。そういえば・・・>って感じで切り出せば良いし、お金・政治・元彼元彼等のナイーブな話などで、掘り下げたいときは、しっかりしたリアクションをとれば良いし、掘り下げたくないときは、薄いリアクションをすれば良いものね。‘聞くスキルとリアクションによって、会話をコントロールする’かぁ。今までそんなこと考えたこともなかったわね。」


「うん。まあ、女性なんかには、自分では意識していなくても、‘聞くスキルとリアクションによって、会話をコントロールする’を実践している人は多いけどね。」


「へ~。私ってどうなのかしら?てかじゃあ、異性との会話って、どういう会話をしていけば良いの?恋愛での具体的会話スキルを教えて。」


「恋愛での具体的会話スキルねぇ~。。・・それは、人それぞれみんな違うからね。人の数だけ恋愛の種類も、会話の種類もあるさ。でも共通していることとしては、やっぱり人間は、自分のことを理解(自分の話を、親身に聞いてもらえる)してもらえると、嬉しいと感じるようだね。だからキャバクラやホストなんかが存在するんだよ。要は、相手の長所・短所や過去等の話を親身に聞いてあげて、そしてソレらを肯定することだね。長所や短所や過去等も含めて、受け入れてあげることが大事だよ。」


「そうね。長所や短所や過去等も含めて、自分のことを受け入れてもらえたら、嬉しいわね。ありのままの‘私’を、全部受け入れてくれて、それでも‘私’に好感をもってくれる人なら、それが同性の友達であっても、異性の恋人であっても、大切にしようと思うものね。」


「うん。でも、だからと言って、いきなり相手から長所・短所や過去等を聞き出そうとするのはNGだよ。」


「じゃあ、どうやって聞き出せば良いの?」


「基本的には、長所・短所や過去等の‘本音’って、聞き出すものじゃなく、ひょっとしたはずみに、ポロっとでてくるものだからね。聞き出そうとすると、相手が答えを意識して作っちゃう場合もあるからね。だから自然な会話の中で、ちょこちょこ、ジャブ(簡単な質問。例えば休日の過ごし方など)を入れつつ、チャンスを待つ感じかな?自然と会話してて、たまたま相手の長所・短所・過去等の話になったときに、自然と、サラッと聞いてみれば良いんじゃないかな?その時に、相手が本音を喋りたければ喋るし、そうじゃなければ喋らないし・・。」


「ふーん。なんか難しそうね~。」


「慣れたら自然とできだすよ。」


「そうかな~。じゃあ他に、異性と会話するにあたって押さえておくべきことは?」


「そうだね~。。さっき話したことと似ているけど、相手の長所や頑張っていることを‘認めて褒める’ことかな。」


「なんか、学校の先生みたいね。ソレって効果あるの?」


「効果ありありさ。人間は誰しもが、その人なりの長所を持っているし、頑張っていることがあるんだ。そして、その長所や頑張っていることを、他人から‘認められて褒められる’ことなんて、大人になったらそうそうないだろ?そんななか、自分の長所や頑張っていることを、‘認めて褒めてくれる’異性がいたらどうだい?人間は、誰しもが1番自分のことが大切だし、自分自身に注意が向くんだ。だから自分の写っている集合写真を見た時は、まっさきに自分を探すだろ?<そんな自分>の長所や頑張っていることを、異性に‘認められて褒められた’ら、嬉しい気分になるし、その‘認めて褒めてくれた’異性に対して好感を持つよね。」


「そうね~。仕事頑張ってても、みんなから<やって当たり前>って目で見られるし。それに私、自分的には結構料理が得意なんだけど(長所)そんなこと、誰も褒めてくれないし。。あ~。私の仕事の頑張りを<毎日お疲れさん。よく頑張ってるよね。>って認めてくれる男性いないかな~。あ~。私の料理を褒めてくれる彼氏が欲しいなぁ~。」


「うんうん。自分の頑張りを認めてくれたり、長所を褒めてくれる異性って、素敵に思えてしまうよね。だから異性との会話において、相手の長所や頑張っていることを‘認めて褒める’ことは大事なんだよ。会話の最中に<自然と、サラっと>相手の長所や頑張っていることを、認めて褒めてあげてね。」


「会話の最中に<自然と、サラっと>相手の長所や頑張っていることを、認めて褒めてあげれるようになったら、異性からモテそうね~。他には、異性と会話するにあたって押さえておくべきことはないの?」


「そうだね~。基本的には、<相手が女なら褒める。男なら立ててやる。>だね。自然にサラっとね。女は褒められれば嬉しいんだから、褒めてやれば良いんだよ。例えば<髪、全部自毛?、、そうなんだ。綺麗だねぇ。キューティクルだね~。>なんか言っとけば良いんだよ。最後の(キューティクルだね~。)なんか自分でも意味わかんないけど、それで良いんだ。・・心から‘綺麗だな~’って思っていることが大事なんだけどね。、」


「心から思っていないと、おせいじになるものね~。でも女には、その男の勘違いでも良いから、甘い言葉が欲しいときがあるものね。‘嘘でも良いの’の女心ね。男は理解していないでしょうけど、女は髪の毛に、男の何倍も、お金と手間と時間をかけてるのよ。だからすごく自分の髪の毛に関心があるし、大切なの。絶対男にはわからないでしょうけどね。だから、髪の毛を褒められるとやっぱり嬉しいのよね~。自分が気合入れて髪をセットしてるかどうかや、相手や、褒められ方にもよるけど。。」


「補足をありがとう。バス子ちゃん。男は立てられたら嬉しいんだから、立ててやれば良いんだよ。例えばデートが良い感じに進んだとするよね。でも、そのデートが良い感じに進んだのは、見えずらい部分でいろいろな細かな段取りや、配慮、気配り等を女がしたからだとするよ。女からしたら<私がいろいろと努力したから、今日のデートは良い感じにすすんだのよ!私のおかげなのよ>って思うよね。そう思って当然だよ。でも態度と口では<あなた(男)のおかげで、今日のデートは楽しかったわ。ありがとう。(笑顔)>って言えば良いんだ。男は鈍感だから、女に‘立ててもらってる’ことに気がつかないかもしれない。でも、そんな自分(男)を立ててくれる女といるのは心地良いんだ。男は、男性を立てる女性といると、男としての自尊心が満たされるからね。今のご時勢、男としての自尊心が満たされる機会なんて、そういう女といる時くらいだもんね。そんな女って、男なら誰しもが‘また会いたい’って思うからね。」


「う~ん。今時、男を立てることができる女性なんてめずらしいものね。それだけに、男性は、男を立てることの出来る女性に出会うと、<?なんかこの女性、他の女と違う!・・なんか気になっちゃう。また会いたい。。>って思うのね。」


「そうだね。まあ、あとは会話の最中に、たまにで良いから‘相手の目を好意的な目で見る’ことを忘れないで。人間は、無意識のうちに、相手の瞳孔の開き具合を感じ取るからね。<瞳孔が開いている>=<相手に好意・関心を持っている>ってことなんだ。要は相手を好意的な目(瞳孔が開いた状態)で見ることは、相手を受け入れてる合図を送ることだからね。誰しも、異性に受け入れられて嫌な気はしないだろ?」


「そうね~。てかそうなんだー。知らなかったわ。‘相手の目を好意的な目で見る’か~。」


「うん。あとは真面目な話ばかりだと、つまんないし、それじゃあセンスがないよね。特に男性は。だからユーモアーも交えて話すと良いかもしれないね。」


「うんうん。会話に笑いを交えることができる男性って、<センスあるな~>って思うものね。そういえば最近、バス男さんは真面目な話が多いわね。話のオチのネタがつきたの?」


「それもあるけど、最近、笑いのネタを考える余裕がないんだ~↓ほら、もう12時まわるし。。明日も仕事だぁ↓休日が欲しい・・。」


「ふーん。やっぱり余裕がない男ってつまんないわね。もっと頑張りなさいよ~。」


「うん。じゃあ次の章は頑張ってみるよ・・。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
会話から相手の情報を読取る
会話・上手に話すコツ 恋愛
女性が遠まわしの表現をする理由
男と女の脈あり態度





for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方

~婚活・結婚関連記事~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備