気疲れしない方法 

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

気疲れしない方法

気疲れしない方法
気疲れする人の特徴や条件とは?仕事の気疲れ解消方法!気疲れしたくない人へ/気をつかう仕事

気疲れしない方法


1.気疲れしない方法
①気疲れする人の特徴や条件とは?
■仕事や人間関係では気をつかうこともあり、気疲れしてしまいがちですよね。

しかし気をつかいすぎて気疲れし、人間関係を楽しめなかったり、休みの日に疲れすぎて遊べなかったりすれば、人生を楽しめない!という意味で、もったいない話だとも言えそうです。

では、どうすれば生きるうえでの気疲れが減るのでしょうか。

その解決策の1つは「アホになってしまうこと」なのかもしれません。
{気疲れ}は賢い真面目な人のもので、アホには無関係な話だからです。

というわけで今回の記事では、アホになってしまい、気疲れとは無縁な楽しい毎日を生きるコツ・秘訣について見てみたいと思います。


②仕事や人間関係で気疲れしない方法/気疲れする人の特徴
■では、アホになってしまい、仕事や人間関係で気疲れしないコツについて見てみます。

①難しいことは考えない
→アホになるためには、「難しいことは考えない」ということが大事になりそうですね。
難しいことを考えるのは賢い人の仕事であり、アホは難しいことを前にすると「あ、自分アホなんすよー。難しい話はわかんないんすよー」と言うからです。


~仕事や人間関係で気疲れしない方法/気疲れする人の特徴~
今日からは「あ、自分アホっすから、難しい話はわかんないんっすよー」と言ってしまおう!


難しい人間関係など、難しいことを考え始めると深みにはまってしまい、考えるだけで気分まで憂鬱になってしまうこともあり、難しいことを考え始めている自分に気がついたら、自分自身に「自分アホっすから、難しい話はわかんないんすよねー」と言ってしまうのも良さそうです。

また、難しいことをしようとしても気分が沈んでしまうことがありますよね。
難しいことにチャレンジしたければ、すれば良さそうですが、難しいことに頑張るのは賢い立派な人がすることであり、アホはアホらしく、周りを見渡して、簡単に通れる道をひょいっと進むようにするのも良いのかもしれません。

偉大な難しいことにチャレンジする仕事は、偉大な賢い人に任せておきましょう。


②体を鍛える
→賢い人といえば本を読んだりとインテリなイメージで、アホといえば体育会系のイメージですよね。
アホになるためには、読書時間を少しけずり、スポーツや運動をするのも良さそうです。

頭を鍛えるのは賢い頭の良い人がやることで、アホは体を動かし体を鍛えると良いのかもしれません。
行動する前に考えてしまう習慣がある場合は、頭より体を動かすことで行動派になりましょう。


③バカなことを考える
→賢い人の特徴として、賢いことを考えることがあげられそうです。
一方、アホな人の特徴は、アホなことを考えることと言えるでしょう。
アホなことを考えて、アホな友達と一緒に、アホなことをして人生を楽しもう。
また、お笑い番組や、お笑いの動画をみることで、自分自身の雰囲気を面白い人のものにしていくのも良さそうです。

真面目で真剣なことばかり考えていると、そういった雰囲気となっていきやすいようです。
アホなことばかり考えると、周りから「あ、この人ってアホっぽいなー」と思われる雰囲気になるようです。
喋らずとも考えていることの影響力は大きいようですね。
もっとくだらないアホなこと・楽しいことを考えて、毎日を楽しもう。


④空気を読まない
→ボケ役の芸人さんの中には、ボケのタイミングが読めない人もいるそうです。
つまり、アホすぎて空気が読めず、どこでボケたら良いか?すらわからないようなのです。
そのためツッコミ役の人がボケのタイミングをそっと教えることがあるそうです。
それだからこそ、あれほど面白いボケをかますことができるでしょう。

私たちも、賢くなって空気を読んでいる場合ではなく、空気なんて無視して、アホになってしまうのも良さそうですね。
空気なんてよもうとするから賢い人・真面目な人となってしまい、気を遣いすぎて疲れてしまったりストレスを溜めてしまったり、しているのかもしれません。


~仕事や人間関係で気疲れしない方法/気疲れする人の特徴~
気疲れする理由/原因→空気をよもうとするから


今日から空気を読まない・読めないアホになってしまい、気楽に楽しく生きていきましょう。


⑤教えて下さい
→賢い真面目キャラでいると「わかりません。知りません。教えて下さい」と言うのが難しくなってしまう場合もあるようです。
そのため「知っているフリ・わかっているフリ」をし、頭を下げて聞くことが出来なくなってしまうこともあるようです。
仕事においては、実力が伴っていないのに賢いキャラでいて「知っているフリ・わかっているフリ」をすると、同僚やお客さん、取引先の人などから嫌われてしまう致命傷をおう場合もありそうですね。

だからこそアホになってしまい、「すみません。自分アホなんでわからないんです。知らないんです。教えて頂けませんか?」と謙虚になって聞くのも良さそうですね。
謙虚な姿勢となり、わからないことや知らないことは正直に「わからない。知らない」と言い、「教えて頂けませんか。」と謙虚に聞くことができれば、仕事の人間関係も上手くまわっていくことになりそうです。

もちろん、部下や年下や目下に対しても、バカな先輩・上司と思われたくないからと「わかっているフリ・知っているフリ」をして、訪ねようとしないのは、好ましいことではなさそうです。
相手が誰であろうと、謙虚に「すません。(自分アホなんで)教えて頂けませんか」と聞く姿勢・・生きる姿勢をもって生きていた方が、人生が上手くまわっていきそうです。
また、謙虚に「すません。(自分アホなんで)教えて頂けませんか」と聞いて、「あの先輩、アホだな。」と相手が思うなら、その後輩もアホだと言えそうです。アホ同士、仲良くしていきましょう。
※賢い後輩ならば「この先輩、年下に対しても謙虚に知らないことを聞くことができるなんて、器が大きいな」と考えることでしょう。

練習として「すみません。(自分アホなんで)教えて頂けませんか?」と3回、言ってみよう。
そう生きる姿勢が変わるだけで、毎日が変わっていくかもしれませんね。


⑥すみません
→賢い真面目キャラで生きていると、キャラ的に失敗しにくくなり、失敗したりミスした場合に責任逃れをしたくなり、「だってAさんが、そのことまで言わなかったら・・悪いのはAさんだ」などと言い訳ばかり考えてしまうことになる場合がありそうです。
一方、アホは、ミスや失敗をしてこそアホであるため、ミスや失敗をしても「あ、すみません。自分アホなせいで間違ってしまいました。ごめんなさい」と素直に即座に謝ることができそうです。
そして素直に即座に謝ることで、人間関係も上手くいくことになりそうです。

「賢い人と思われたい。デキる人と思われたい。尊敬されたい。バカにされたくない。見下されたくない」などのプライドは捨て、今日からアホになってしまい、失敗やミスを即座に謝れる自分になろう。

そうすることで「失敗したくない!(成功させないと!)」というプレッシャーから解放され、人生、生きやすくなりそうですね。

そもそも、アホにとって失敗は、後日、友人などを笑わせる話のネタなわけで、失敗・ミス・間違いは深刻なものではなく、笑いのネタができた!と思い、喜びましょう。
ただ、人に言えないような失敗・・・他人を自己メリットのために騙した・・・など、人として正しくない行いによる失敗だけはしないよう、繁栄的な原則を大切にすることだけは忘れないようにしたいものです。


⑦笑顔
→アホはアホでも、真面目ぶっている暗いアホは嫌われがちであり、アホであることを認め、「あ、ごめんなさい。自分、アホなんですよ~」と明るく笑顔でいるアホは、周りの人から好かれる傾向にあるようです。
私たち人間は、暖かな人間関係から幸福の多くを享受することになるようで、そのため、明るい笑顔なアホでいることは、忘れないようにしたいものですね。


⑧難しい人間関係
→難しい、ややこしい人間関係は、ある程度、賢くなければ輪に入れませんし、また人間関係の問題の解決も出来ないことでしょう。
そのため、難しい、ややこしい人間関係に関わりをもつと、賢い人とならざるをえないため賢い人になっていき、ストレスが溜まっていきやすくなる側面もあるのかもしれません。

一方、空気も読めない、難しい人間関係もわからないアホでいれば「え~っと・・・なんか問題、おきてるんすか?」などと関われないため関わらなくてすみ、そのためストレスも減り、また人間関係のいざこざに巻き込まれて悩む被害にも合わなくてすみそうです。

難しい、ややこしい人間関係に巻き込まれそうになったら、「あ、自分アホなんで、難しいことはよくわかんないんすよ~」と言うようにして、もっと楽しいことを考え楽しいことをしよう。


⑨不平不満
→「同じ仕事量なのに、給与はAさんの方が高いなんて、不公平だ!」などと、本気で怒り、不平不満を言うのは賢い人のお仕事だと言えそうです。

難しいことのわからないアホには、公平か不公平かもわかりませんし、そもそも、そんなことに意識が向かず、もっとアホなこと(例えばお笑いなど)に意識が向かうため、不平不満を言うのはアホには似合わないと言えそうですね。

不平不満を考えイライラしている自分に気がついたら「自分、アホなんで、よくわかんないっすよー」と言ってしまい、もっと楽しいアホなことを考えるようにしよう。



③仕事や人間関係で気疲れしない方法/気疲れする人の特徴
■アホにも皆から「嫌われるアホ」と「好かれるアホ」の2種類があるのかもしれません。
破滅的な原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」に根ざしているアホは、長期的には皆から嫌われ、また人生も破滅・衰退に向かっていくことになりそうです。

一方、繁栄的な原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」にそって生きているアホは、長期的には皆から好かれ愛され、また人生も繁栄していくことになるのかもしれません。

アホになっても、「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!」と考えるアホにはならないよう、気をつけたいものですね。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。感謝しています。


~仕事や人間関係で気疲れしない方法/気疲れする人の特徴~
<writer 名無き仙人>



クス男「なるほど!僕は空気をよめる男だから気疲れをするのか~」


クス子「バス男さんって空気よめない人だから心配なさそうだけど・・」


仙人「真面目すぎると気疲れして、疲れてしまいやすくなるかもしれぬのぉ。もっとアホになってしまい人生を楽しんでいけるといいのぉ。」







★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
素敵な彼氏の作り方
結婚相手の選び方
結婚相手の年収/収入より大事なこと
婚活女子と男子のすれ違い
結婚したい!結婚するコツ
恋人と結婚する前に
結婚相手を探すには?方法
20代結婚前準備
自己pr方法/婚活編
結婚相手の条件
結婚・婚活に焦る/解決方法
結婚の意味
婚活/成功と失敗の境
結婚相手として嫌な特徴
婚活男女の心理
結婚相手の条件/男性女性の違い
教員・教師との結婚/真実
結婚への夢と現実
後悔しない結婚相手の探し方
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
理想の結婚をするには?現実的方法
結婚前準備のコツ







~婚活・結婚の疑問関連記事~
結婚は愛?お金?
なぜ離婚するか?理由
好きで結婚したのに離婚する理由
男性の結婚願望/真実
恋活とは婚活とは?違い
なぜ結婚するか?理由

~同棲~
結婚前同棲の生活費
同棲から結婚/潜む罠
二人暮らしの注意点/恋人編

~結婚後~
夫婦喧嘩をしないコツ
夫婦円満のコツ


for womanラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方