初デートの誘い方   

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

初デートの誘い方 メール編

初デートの誘い方 メール編
初デートの誘いは、頭を悩ませるものです。
「やっぱり直接会って誘った方が良いかな?」「どんなメール文で誘おうか・・」
初デートの誘い方 メール編  物語の始まり。

恋愛
・デート
初デートの誘い方 メール編

バス子「バス男さんは今回の初デート、相手の女の子にデートをメールで誘ったんでしょ?初デートの誘いってメールでするものなの?」


バス男「うん、、まあ別に会って誘っても良いし、電話で誘っても良いし、メールでもなんでも良いんじゃない?」


バス子「なんか適当ねぇ。初デートくらいせめて電話で誘った方が良いんじゃないの?メールで誘ったから断られるとかはないのかしら?」


バス男「あ~あ、そんな心配は必要ないよ。直接誘おうが、電話で誘おうが、メールだろうが成功率はほとんど変わらないよ。どんな手段で誘おうと、デートの誘い、、OK!な相手はOK!だし、駄目な相手は、どんな誘い方しても駄目だからね。」


「え~、本当に?だって、ネット上には<効果的な初デートの誘い方>みたいな情報があふれているじゃない?やっぱりコツやテクニックがあるんじゃないの?」


「う~ん・・」


「うん?」


「・・・でもね、結局行き着いた結論としてはどんな手段・方法・誘い方で誘おうと、OK!な相手はOK!だし、駄目な相手は、どんな誘い方しても駄目ってことなんだ。さっきも言ったけど・・。実際そうなんだよ。」


「えー。でもそれが結論だったら話膨らまないわよ。なんかテクニックはないの?みんなはすぐに使える実用的なテクニックを求めているのよ。」


「‘デートの誘い’ で重要なことは、【誘い方】ではなく、【から誘われたか?】なんだ。誰しも、どうでもいいと思っている異性から、どんな素敵な誘われ方しても、ありがた迷惑に感じるものなんだ。」


「そりゃそうかもしれないけど・・。誘い方のテクニックは~?」





「うん。誘い方のテクニックを求める気持ちはすごくわかるよ。僕もそうだったしね。それに、アクセス解析からも、この記事は、直帰率69%、ページ離脱率48%と、みんなに特に、不人気な記事なんだ。」


子「ほら~。」


男「う~ん(笑)嘘は書けないからね。・・・誘い方を工夫したからって、<
デートの誘いがOK!になる確率が上がったり下がったりはしない>んだ。要は結局、女性にとっては初デートの誘われ方はそんなに重要じゃないんだ。アンケートなんかでね、女性が(初デートはこんな風に誘われたい!あんな風に誘われたい!)って答えているアンケートなんかもあるんだけど、それらに踊らされては駄目だよ。例えばバス子ちゃんは、初デートだったらどんな風に誘われたいかな?」


「えっ?私?・・私だったらぁ、、やっぱり直接会って自然な感じで(おいしいレストラン見つけたんだけどどお?)って誘われたいな♪その方が気持ちも伝わるし・・。1番嫌なのは、メールで簡単に{今度デートしよ♪}って誘われ方かな。だってなんか気持ちがこもってないもの。」


「そうなんだね。じゃあ仮にね、バス子ちゃんが大人数が参加していた友だちの誕生日パーティーに少しだけ顔をだしたとするよ。その時に初めて会った男がいてね、バス子ちゃんがその男に対して<あ~、、この男は微妙ね。興味ないわ。>って心の中で思ったとするよ。」


「うん。」


「でね、後日その男から直接会って自然な感じで(おいしいレストラン見つけたんだけどどお?)って初デートに誘われたらどうかな?デート行くかい?」


「え~。う~ん。私行かないだろうなぁ。だって初めて会ったときに<あ~、、この男は微妙ね。興味ないわ。>って思ったわけでしょ?だったらそんな男とはデートは行かないわ。ウソの用事作って丁寧にお断りするわね。」


「うん。じゃあ仮にバス子ちゃんが大人数が参加していた友だちの誕生日パーティーに少しだけ顔をだしたとするよ。その時に初めて会った男がいてね、バス子ちゃんがその男に対して<あ~♪良い男!私のタイプだわ。>って心の中で思ったとするよ。」


「うん。」


「でね、後日その男からメールで簡単に{今度デートしよ♪}って簡単なメールで初デートに誘われたらどうかな?デート行くかい?」


「え~。。それは私確実に行くでしょうね。だって初めて会ったときに<あ~♪良い男!私のタイプだわ。>って思ったわけでしょ?だったらそんな男性にデートに誘われたなら、デート行くに決まってるわ。」


「そうだろ?要はデートの誘われ方・誘い方うんぬんじゃないんだ。そんなことは重要じゃないんだよ。‘デートの誘い’ で重要なことは、【誘い方】ではなく、【から誘われたか?】なんだ。・・誘い方自体は、常識範囲の誘い方すれば、頑張って工夫して誘おうが、簡単にメールで誘おうが結果は一緒さ。OK!ならOK!。駄目なら駄目なんだ。」


「そうなのね。・・でも確かにね~。じゃあ重要なのは・・・」


「重要なのはね、会った最初の印象だよ。外見が駄目なら0.2秒で恋愛対象からピンハネされるの記事でも書いたけど、初めて出会った瞬間の0.2秒で、<デートの誘いがOKかどうか?>のほとんどが決まってしまっているんだ。だから、0.2秒で決まってしまっているものを、<う~ん、やっぱり、このメール文の誘い方は駄目かな?もうちょっとメールの文章を・・>なんてことしても無駄なんだよ。要は、最初の印象の時点で、【デートをから誘われたか?】の‘’が決まってしまうわけさ。」


「恋愛はシビアね~。・・じゃあ具体的には・・・バス男さんは、デートはメールで誘うんでしょ?」


「うん。メールが楽チンだからね。」


「メールの文はどんな感じなの?」


「メール文は・・
送信先【miki@basu.jp】
件名【無題】
本文【今度2人の時間の合うときの仕事終わりに、一緒にご飯でも食べに行かない?】
ってな、感じかな。」


「ふ~ん。」


「上記の例は短い場合の例だけど。でもアレで十分だと思うよ。OKな相手は上記の例でもOKだし、駄目な相手は、どんなに頑張ってメールを続けても駄目だからね。」


「そうなのね。でも実際はそうなんでしょうね。」


「うん。無理な相手は、頑張ったって無理だからね。見切りを早くつけて、次に行ったほうが良いよ。<男は諦めが肝心>って言葉を最初に使った人は、かなりの恋愛仙人だったんだろうな~。」


「なに言ってるの?それより、いよいよ付き合う前の初デートね。バス男さんはどんな感じのデートをするつもりなの?」


「じゃあそれは付き合う前の初デートで話すとするよ。」








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
メールが下手/苦手な男性へ(デートを誘うメールのコツ)
デートで惚れられる方法
初デートを成功させるコツ・準備
付き合う前の初デートのコツ
男と女の脈あり態度





for woman素敵な彼氏の作り方
ラブラブな付き合いを続ける方法
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
好きな人に惚れられる方法
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方

~婚活・結婚関連記事~
結婚相手の選び方
結婚は愛?お金?
結婚を前提に付き合う/チェック項目
結婚/婚活の成功と失敗の原因
好きで結婚したのに離婚する理由
結婚相手を探すには?方法
結婚したい!結婚するコツ
後悔しない結婚相手の探し方
理想の結婚をするには?現実的方法
20代結婚前準備