相性を知る方法  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。。

相性を見抜く方法

相性を見抜く方法
相性を見抜くことができたら・・。。そのように感じるときってありますよね。
相性を見抜く方法  物語の始まり。

恋愛
・相性
相性を見抜く方法

バス子「はぁ~・・。」


バス男「ため息なんかついちゃって、どうしたんだい?バス子ちゃん。」


バス子「あ、バス男さん。最近恋愛が上手くいかないことが多くって・・。」


バス男「そうなんだ。」


「うん。私ってね、知り合った異性で<この男良いかも!>って思った男にデートに誘われたら、とりあえずデートしてみるの。」


「そうなんだ。積極的だね!」


「だけどね、結局なんか性格等いろいろ合わなくて、上手くいかずに終わるの。。はぁ~・・。相性を見抜く方法があれば良いのになー。そしたら、<デートしてみたけど、駄目だった↓>ってならずに済むのに。」


「そうだね~。」


「それにね、すごく惹かれて好きになった男の子ができても、その男の子にどういうふうに接すれば良いかが解らず、上手くいかないことも多いの。自分が好きになった相手が、どんなタイプの人なのかがすぐに解れば、もっと上手く‘こと’が運べるのに。」


「うんうん。解る、わかる。」


「いったい、こういう場合はどうすれば良いの?相性を見抜く方法はないの?」


「そうだね~。相性を見抜く方法として・・やっぱり‘恋愛経験の豊富さ’が1番役に立つよね。どういうことかと言うと、数多くの異性と、デートやお付き合いをする経験を積むことによって、自分の中の、異性のデータベースが増えるよね?要は、過去関わりをもった異性を、異性のタイプ別に分けて自分の中に保存しているんだ。無意識のうちに潜在意識がね。(顕在・表面・潜在意識 具体的に具体例で説明)そして、その異性のデータベースが増えてくるとね、新しく異性と出会った瞬間や、新しく出会った異性と話をしている最中やデートしている最中に、自分の中の、異性のデータベースと、今、目の前にいる異性とを照らし合わせ<目の前にいる異性がどういったタイプの異性なのか?>を無意識のうちに見分けることができるんだ。」


「例えば?」


「例えば、男の場合は<あ、この女は知らない男に対してはSっぽく接するけど、好きな男にはMっけが強くなるな!>とか<ん?この子は男経験が少ないな~。>とかね。」


「ふーん。じゃあ女の子の場合は?」


「女の場合は<あ~、この男は彼女もちね。いない!って言うのはウソね。しかもその彼女との付き合いは長いわね~。>とか、<この男、今はテンション高めだけど、無理に頑張っているわね。>なんてことが、わかるようになるんだ。そして、この‘相手のタイプを見分ける精度’は、自分の中の、異性のデータベースが豊富になればなるほど、精度が上がるんだ。つまり当たる確率が増えるんだ。そうなってくると、デジャブのような経験も増えてくるよね。夜の銀座のママなんてのは、この話の意味がよくわかると思うよ。」


「へ~。そうなのね。ソレ以外で、相性を見抜く方法はないの?」


「そうだね~。じゃあ、血液型と動物占いを組み合わせて、相手のタイプや相手との相性を見分けるなんてどうだい?」


「血液型と動物占いを組み合わせる!?え~?血液型占いや、動物占いって、信用できるの?」


「うーん、そうだな~。・・血液型と動物占いを組み合わせたときに、まあ半分くらいは当たるかな?って感じの確率だよ。」


「へー。血液型と動物占いを組み合わせたら当たる確率は半分くらいなのね。おもしろそうね。私も動物占いやってみようかしら。」


「うん?てか、バス子ちゃんは血液型占いや、動物占いをやったことある?」


「うん。だいたい知ってるわよ。」


「バス子ちゃんは動物占いはなんの動物だったの?」


「えー、自分のは知らないわ。」


「そっか。<1度自分の動物はなにか?>を調べてみると良いよ。携帯で無料で調べることができるしね。できたら、カラーも加わった方がより精度が高いよ。まずは、自分を知らないと、どうしようもないからね。それに、自分のことって案外わからないものだし、<自分はこういう人間だ!>って固定した思い込みをもっているから、自分の新たな一面を発見できるかもね。」


「ふーん。じゃあ、帰ったら早速占ってみよっと。でもどうして動物占いって、結構当たるの?」


「それは、<僕らが何故、この地球に生まれてきたか?>ってことにも繋がる問題だからだよ。顔(人相占い)や体型、国籍、名前(姓名占い)なんて変えることができるけど、‘生まれた日’は絶対に変わらないだろ?動物占いが、‘生まれた時間帯’まで考慮し、もっと詳しく占うことが出来るようになれば、占いの精度ももっと上がるだろうけどね。」


「へ~。じゃあ、要は、血液型占いと、動物占いで相手のタイプを知れば良いのね?」


「そうだね。まあ、もちろん、血液型占いも、動物占いも、何億人もの人をざっくり数タイプに分けるだけだから、個人差の方が大きいけどね。ただ、<この人(異性)、謎だ~。この人がどんなタイプの人かいまいちわからない!>って時に、血液型占いと、動物占いで相手のタイプを知ると、案外役に立ったりするからね。実際に営業職のトップ成績の人なんかが、お客さんを動物占いで占って、仕事に役立たせたりしてるようだしね。」


「ふーん。じゃあ、ちょっと私も動物占いについて詳しくなってみようかしら。あ、そうそう。じゃあ血液型占いはどうなの?」


「うーん・・。てな感じかな(笑)でも、相性なんかはある程度わかるんじゃないかな?」


「へ~。そうなんだ。」


「そうだね~。Sか?Mか?も関係してるんじゃないかな?Mっけが強い人は、<相手(異性)色に染められたい!>願望なんかがあるからね。だから、Mっけが強い人は、相手に合わせるから、あまり傾向がでにくいのかもしれないね。」


「ふーん。てか、こうして見ると相性も奥が深いわね~。そういえば、バス男さんは動物占いはなんの動物だったの?」


「僕かい?僕はぁ・・・魚だからねえ。」


「あっそ。(聞くんじゃなかった・・・。)







★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
相性は良かったのに・相性は悪くなかったけど
草食系・肉食系男子の違いと脳の相性





for woman素敵な彼氏の作り方
男と女の脈あり態度
彼氏と同棲/メリット・デメリット
彼氏の条件/性格編
体質改善ダイエット体験談
彼氏欲しい婚活編
彼氏の年収と金銭感覚の問題

for man可愛い彼女の作り方
デートで惚れられる方法
重い彼女と依存心
性格の悪い女性の見抜き方
メールが下手/苦手な男性へ
年下彼女が欲しい
年上彼女の作り方