ためになる話への思い  

Produce by nameless sennin
箇条書きの知識を得ても変わらない。毎日の日々を、人生を、地球を変えていくのはいつもひっそりと語りかける物語だった。

ためになる話への思い

名無き仙人の綴る物語。
登場人物(魚)はブラックバスのバス男とバス子、そして仙人。
3人(匹?)が繰り広げる物語の数々。


この度は、当サイトをご訪問下さり、誠にありがとうございます。

HP作成方法など、まったくわからない状態から余暇時間を使いページを作成していき、現在のHPの形として正式にオープンしたのは2010年の5月です。パソコン操作から憶える状況だったため、正式オープンまで時間がかかりました。

「インターネット上に、わかりやすくて「ためになる情報」を増やしていきたい!」という思いから、とにかくがむしゃらに記事を書いていました。その結果、ブラックバスが登場しと、なんだか、わけのわからないHPになってしまいました 笑
 わかりにくいHPとなってしまい、申し訳ないのですが、私としては初めて作成したサイトであるため、思い出深いサイトとなっています。

 HP【ためになる話】が、サイトを訪れてくださった方の、少しでもお役にたてれば、サイト運営者として、これほど嬉しいことはありません。
(記事を読んで頂けること自体、非常に嬉しいのです。)


 本日は、当サイトをご訪問下さい、誠にありがとうございます。
心から、感謝しています。

貴方様に、幸せが訪れますように。